山梨県北杜市白州にある自然循環型のオーガニックファームのブログです。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
【イベント報告】大豆プロジェクト 夏のとうふづくり

 

 

こんにちは。まめです。

「大暑」なのに冷え込むこともあったり、台風の心配も尽きない、ちょっと不安定な日々ですね。

昔から8月後半になるまで宿題には手をつけなかった私はブログのアップも遅れてしまいました…

 

さて今回は、7月22日(土)に行われた「大豆プロジェクト vol.2」の報告です!

 

 

おさらいですが、

ぴたら大豆プロジェクトは、

ぴたらに集まった日本各地のさまざまな種類の大豆を育て

豆腐やきな粉、おからを使った石鹸など…

いろいろな大豆で、いろいろなものを手作りしていく体験プロジェクト。

ぴたらスタッフのまほ&まめ(大豆好き)が中心になり企画しています。

 

 

夏といえば、薬味をのせた冷奴!(と、ビールundefined

種蒔き&大豆の味くらべに続く、2回目のイベントは「夏のとうふ作り」です。

 

今回は大豆プロジェクト初の都内での開催が実現しました。

会場はぴたらのお野菜を使ってくれている高円寺のKIFRUITS TOKYO(キフルーツトーキョー)さんです。

 

 

種まき引き続き参加してくれている方や、

初年度のメンバー、「豆腐作りをやってみたかった!」という方など、

大人11名、お子さん1名のご参加をいただきました。

 

 

 

 

 

この日のために、まほちゃんが3年間にぴたらに集まった大豆をサンプル小袋にまとめてくれました!

いままでこんなにたくさんの豆に出会ってきたんですね〜。

「かわいくて、かわいくて」とデレデレ話すまほちゃん。もはや豆コレクターですね。

 

さっそく、とうふ作りをスタート。

 

今回は、

兵庫県三田市の山本直樹さん(通称ラモさん)からおすそ分けいただいた「みずくぐり」と

ぴたら産「シュウリュウ」「オオツル」の3種を使って豆腐作りをしました。

 

 

まずは一晩水につけた大豆をミキサーとお湯をブレンダーにかけて「呉(ご)」と呼ばれるペーストをつくります。

 

 

呉(ご)に味噌を入れた「呉汁」は耳にしたことがある方、実際に食べたことのある方も多いのでは。

 

呉の意味は?とよく質問があるので調べてみたのですが、

呉汁の呉は「ゴ」の音のあて字で、中国三国時代の国名の一つ「呉」、や、広島の「呉(くれ)」とも直接的な関連性はないようです。

 

 

続いて呉を絞って「豆乳」と「おから」に分けて、豆乳を火にかけます。

 

 

 

「焦げないように、細心の注意を払ってくださいね。」と説明中・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・・・・・・ガチャっ(ドアの開く音)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ん?(一同、視線はお店の入り口へ)

 

 

 

 

 

 

「・・・どうも〜〜〜〜〜」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

きぬお・・・・・

 

 

 

 

まさかの・・・  大遅刻!!!!!!(てへ)

 

 

 

 

 

「時間を勘違いしてジムに行っておりました筋肉」とのこと。

 

 

 

こうなったら鍛えた肉体で美味しいお豆腐を作っていただきましょう。

 

お仕置きその1:遅刻の証拠写真を載せさせていただきました。

 

 

 

 

 

さ、きぬおさんも無事に到着ついたところで、一番大切な「にがり」を入れるパートです。

 

 

お豆腐の硬さや食感を大きく左右する「寄せ」と呼ばれる工程に挑戦、ということで

 

この真剣な眼差し!

 

 

さあ一気に入れましょう!

 

 

最後は均一に混ぜて、ふたをして待つだけ。

 

緊張感のある瞬間でしたね。

 

 

 

豆腐が固まるのを待っている間に、6月に蒔いた大豆畑の生育状況を報告しました。

 

プロジェクターの写真は伝わりづらいので、写真を幾つかアップします。

 

 

 

みんなで蒔いた種は、無事に発芽!

 

 

そして、すくすくと成長中です!

 

7月は除草や土寄せを行いました。

 

たった1ヶ月でここまで元気に育つなんて!とみなさん驚きでした。

 

愛情込めて蒔いていただいたおかげですね。

 

 

 

さて、お豆腐の出来はどうかな?

 

 

 

 

オープン!の掛け声で鍋の蓋を開けると・・・

 

 

見事!綺麗に固まっています!

 

今回は2つの鍋でつくったので、一つを寄せ豆腐、もう一つは木綿豆腐に仕上げます。

 

 

 

寄せ豆腐を崩してさらしを敷いた型箱へ。

蓋をして重石をおいてさらに20分ほど待ちます。

 

 

 

ここで、木綿派のまめ(きぬお、ごめんなさい)が、お土産に持ってきた絶品「堅豆腐」を試食します。

 

 

富山・石川・福井の白山麓など、北陸の伝統食「堅豆腐」は、

木綿豆腐よりもはるかに硬くてどっしり。

 

実はこれが日本の豆腐のルーツであり、「遣唐使によって中国からもたらされた豆腐の原形」ともいわれています。

それにしても、見た目から想像するよりも遥かに重量のある豆腐。

「伝統」の重みを感じずにはいられません。

そして手で持っても崩れることがありません!

 

山深い豪雪地帯の五箇山では、水分量の少ない堅豆腐を持ち運ぶのに「荒縄」で縛って運んでいたそうです。

その硬さから「枕にした」とか「けつまづいて生爪をはがした」といわれるそうですよ。。本当でしょうか。。

 

今回は富山県南砺市のねこのくら工房さんから直にお取り寄せさせていただきました。

(宮脇さん、ありがとうございます!)

 

地元で生産された「エンレイ」と高清水山(こわしょうずやま)の湧き水を使った贅沢な1丁です。

 

 

 

 

 

関東では希少な「堅豆腐」。堪能させていただきました!

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、次は私たちが作った木綿豆腐のお披露目です!

 

 

 

 

大成功!!!!

 

歓声があがる店内!

 

 

 

 

 

 

 

できたての、ほかほかの、手作り木綿豆腐です。

 

 

 

 

 

 

みなさんの「おいしい〜〜〜」の顔に、

 

よかった〜〜〜〜〜〜〜〜と安心の二人。

 

 

 

 

本当に、よかったね、きぬお!

 

 

 

きぬお?????

 

 

 

 

 

ち、小さくなっちゃいました、、ではなくて、世代交代?

 

ちびきぬおの可愛さにみなさん悶えていました。。。

 

 

 

 

ということで、無事に豆腐も出来上がり、みなさんの笑顔も沢山見ることのできた2回目のイベントでした。

そして、冬には今年採れた大豆で豆腐作りを予定しています。

今回を上回る豆腐が作れるよう、

復習がてら、夏休みにぜひ豆腐作りをしてみてくださいね!

 

 

 

 

参加者のみなさん、

会場協力のキフルーツ・トーキョーの店長ハナコさん、

カメラ担当を引き受けてくれたみのりちゃん、本当にありがとうございました!

 

 

そして9月は絶対逃せない、「枝豆」の収穫です!

さらに加工ワークショップは、まほちゃん直伝の「きな粉」作りですよ〜。

 

 

それではみなさん、またぴたらでお会いしましょうね〜。

 

 

 

text by まめ 

photo by みのりちゃん

 

<今後の予定>

 

3回目:9/9(土)枝豆収穫&きなこ作り

4回目:11/18(土)大豆収穫&藁納豆づくり

5回目:12/9(土)&10(日) 冬のとうふ作り&おからせっけん作り

 

イベントは年5回予定でしていますが、毎回参加できなくても単発参加でも可能です。

 

 

 

 

 

おまけ

 

 

 

 

 

お仕置きその2:とうふの角に頭を・・・。

 

 




みつけよう 畑の昆虫 川のいきもの ♪

 

 身近にいる生きものたちを観察してみませんか?

 畑や 森や 川で。

 よく知られているのはごくわずかかも。

 今回はバナナトラップを仕掛けてみたり、夜に光を当ててみたりして、

 もう少し踏み込んで虫の世界を覗いてみます。

 子どもはもちろん、大人も楽しめるコンテンツになっています。

 

<期 日>:  8月20日(日)10:30 〜 21日(月)11:30
<開催場所>:ぴたらファーム(山梨県北杜市白州町横手1118)
<参加費>:2日間   6,500円
                  日帰り 1,500円
           ※小中学生半額、幼児体験費無料

<講師>

1日目 千野 正章さん (山梨総合研究所 特別研究員)

2日目 石川 昌宣稔さん(ウッドピジョンワークス)

<スケジュール>
1日目 8/20(日)
10:30 ぴたらファーム集合 
   ファーム案内  バナナトラップづくり
11:30 昼ごはん
13:00 畑を回って、虫あつめ & 野菜の収穫
15:00 夕ごはんづくり
16:30 バナナトラップ仕掛け
17:00 夕ごはん 
18:30 温泉(ベルガへ)
19:30-21:00 夜の昆虫観察会(ライトトラップ バナナトラップチェック) 
22:00 就寝

2日目 8/21(月)
(5:30 希望者は畑作業)
8:00 朝ごはん
9:00 河原へ移動
        水生生物の観察
11:00 スイカ割り
11:30 終了

<持ち物>
汚れてもいい服装、靴、帽子、軍手、タオル、捕虫網、虫かご、ペンにメモ帳、あればルーペ、昆虫図鑑

<お申し込方法>
下記のフォームマンにご記入ください。
→ http://my.formman.com/t/NoMe/

*お問い合わせ先*
自然循環型オーガニックファーム ぴたらファーム
tel/fax:0551-35-2793 E-mail:info@pitarafarm.com




麻耶ちゃんの「南北アメリカ縦断の自転車旅」報告会

 

 ぴたらにもウーフで滞在していたこともある,麻耶ちゃんが南北アメリカの横断という壮大な自転車旅を終えて帰ってきました。 2016年5月から約一年にわたり、北米&南米(カナダ、アメリカ、ペルー、ボリビア、チリ、アルゼンチン、キューバ、メキシコ、約11,000km)を自転車で走ってきた麻耶ちゃんの旅の報告会です。道中見てきた各地の持続可能な社会に向けた取り組みや現地の人たちの暮らし、先住民の知恵や技術、自転車旅ならではの苦労や喜び、そして旅を通しての出会いなど、スライドと合わせて話をしてくれます。

麻耶ちゃんの「南北アメリカ縦断の自転車旅」報告会
<開催日> 2017年7月23日(日)
<スケジュール> 
     13:00  開場 ・・(ドリンクなど販売しています)
     13:30  ぴたらファーム農場案内
     14:00  旅の報告会はじまり  
     16:30頃  終了 
<開催場所> ぴたらファーム母屋 
<参加費> 1,500円
     小中学生は半額(小学生未満無料) 

<青木麻耶さんの紹介>
 1986年生まれ 神奈川県横浜市出身。農学部森林科学科卒業後、某大手メーカーに勤めるも、「パソコンいじるより土いじりたい」と思い立ち、山梨県都留市に移住。NPO法人で農業や食品加工、子どもキャンプ、馬耕、セルフビルドのワークショップなどに携わる傍ら、趣味で狩猟(わな)をはじめ、ジビエ料理や皮なめしを研究する中で、先人の知恵や文化に興味を持つようになる。
2016年5月より、念願の南北アメリカ自転車縦断の旅に出る。その土地に住む人たちの文化、食、民芸、持続可能な暮らし、昔ながらの知恵や技術を見聞きしながら8カ国、約11000kmを走破。

麻耶ちゃんの放浪記はこちら
→ http://mayataro.hatenablog.com



<お申込み方法>
こちらのフォームへご記入ください
 → http://my.formman.com/t/NoMe/

たくさんのご参加をお待ちしています!!


<イベント終了後、滞在希望の方へ>
・ご希望の方は、別途料金で築100年の古民家滞在も可能です。
・お布団の準備や片付け、食事作りもスタッフと一緒に行います。
・温泉希望の方は、別途410円掛かります。温泉道具をお持ちください。

*お問い合わせ先*
自然循環型オーガニックファーム ぴたらファーム
tel/fax:0551-35-2793 E-mail:info@pitarafarm.com

 

 




【イベント報告】大豆プロジェクト 種まき&大豆の味比べ

 

こんにちは。まめです。

前回の田植えイベントのブログ、たくさんの方に読んでいただいたようでとても嬉しいです。

 

今回は、6月24日(土)に行われた「大豆プロジェクト」の報告です!

 

ぴたら大豆プロジェクトは、

ぴたらに集まった日本各地のさまざまな種類の大豆を育て

豆腐やきな粉、おからを使った石鹸など…

いろいろな大豆で、いろいろなものを手作りしていく体験プロジェクト。

ぴたらスタッフのまほ&まめ(大豆好き)が中心になり企画しています。

 

3年目を迎える今年のプロジェクトも

最初のイベントは種蒔き&大豆の味くらべです。

今回は各地から、大人8名、お子さん2名のご参加をいただきました!

 

 

 

「大豆の種まきは、雨予報の前日がベスト!」とのことで、

この日の天気はどうかな〜と思っていたところ……

なんと、幸運にもイベントの次の日の予報は「雨」あめという、まさに最高のタイミングでした!

 


 

さっそくこの1日を振り返りたいと思います。

 

自己紹介タイム!

 

今回は都内からの参加者の方が多かったのですが、

ご近所の方がいたり、職場がすぐそば!なんて方もいたり、

ちょっとご縁を感じるようなメンバーでしたね。

 

おっと、、

 

みんなの楽しそうな様子を羨ましそうに眺める白くて四角い頭・・・・

 

哀愁漂ってますが、どちらさまでしょう。

 

 

 

 

 

どうも初めまして!「きぬお」です。中学一年生です!(もうちょっと成長して見えるんですが)

 

 

子どもたちの反応は・・・「ちょっと面白い」でした。

 

 

最近「あらいき屋」さんとして吉祥寺のハーモニカ横丁で朝市に出店しているそうです!

おとうふを売っているそうなのでぜひ遊びにいってみてくださいね。

 

 

さて。

 

 

大豆プロジェクトについての説明のあとは

 

お待ちかねの大豆の食べ比べ!

種まきの前に、たくさんの豆と出会っていただきました。

 

プロジェクトを始めてから3年の間に、

参加者の方が「育ててみたい!」と持ち寄ってくださった種や、

ぴたらメンバーが知り合った農家さんから譲っていただいた種、

種交換会でゲットした種など・・・

ありがたいことに色とりどりの大豆が集まっています。

 

 

 

食べ比べ用の蒸し豆を用意したのは

「みずくぐり」「小糸在来」「玉大黒」「えがおの青豆」「くらかけ豆」などなど・・・。

ほかにも「シュウリュウ」「オオツル」といったぴたらで例年育てている大豆もご紹介しました。

 

 

 

もくもくと食べる皆さんは手が止まらない様子。

 

大豆は見た目だけではなく

きな粉にぴったり「緑ひたし豆」や枝豆が美味しい「茶豆」のように

食べ方や加工によっても違いが発見できます。


「お気に入りの豆」が発見できてより楽しくなりますよね。

 

 

そしてみんなでランチをいただきました。

夏野菜が取れ始めたので彩りがどんどん豊かになってきたぴたらの食卓です。

 

                                  \ いただきまーーーす! /

 

 

 

みんなで囲む食卓には笑顔が生まれますね〜。いい表情!

 

 

 

さて、食欲も満たされたところで、

大豆プロジェクト畑へ移動していよいよ大豆の種まきがスタート!

 

 

今年力をいれて育てるメイン種は「小糸在来」「玉大黒」「みずくぐり」の3種にしました。

 

蒔き方は三角形のように大豆を3つ並べます。

 

 

少量ゾーンには「さとういらず」「くらかけ豆」「緑ひたし豆」「インバミドリ」

SEEDS OF LIFE ジョン・ムーアさんからいただいた「ジョンさん豆(仮)」を蒔きました。

 

 

 

 

今年から、プロジェクトに例年参加してくださっているリピーターさんや、

リピーター宣言をしてくださった方には、畑の一部をオーナーとして管理してもらうことにしました。

やっぱり「MY畑」を持つとお世話も楽しくなりますよね。

これから地道な草むしりなどもありますが、ぴたらに足を運んでくださる際はご協力よろしくお願いいたします!

 

 

 

サプライズ登場してくれたきぬおくんもせっせか働きながら

子供たちと触れ合い、イベントを大いに盛り上げてくれましたよ。

 

最後に品種の看板作り。

これだけたくさんの品種を蒔くと、わからなくなっちゃいますもんね。

用意した竹の看板にマジックで皆さん思い思いに・・・

画力とユーモアを発揮していただきました!

 

 

個性豊かな看板が完成〜!

 

 

畑で集合写真!

掛け声は「はい!ビーーン!」

みなさん、お疲れさまでした!

 

 

 

イベント翌日は予報通りの雨!

これで大豆も元気に芽を出してくれることでしょう植物

また大豆プロジェクトのfacebookページでも更新していきます。

 

 

次のイベントは

<都内開催決定!>7/22(土)夏のおとうふ作りです!

 

※6月27日現在、お申し込み定員に達しましたので、締め切らせていただきました!

 

ぴたらファームで去年収穫した個性豊かなオーガニック大豆からとうふ作りを行い、

手づくりならではのおいしさ・楽しさを皆さんで味わいたいと思います!

 

今回は、大豆プロジェクト初、都内でのイベント開催が実現!

会場は、ぴたらファームのお野菜を出荷させていただいている

東京高円寺のKifruits Tokyo(キフルーツ・トーキョー)さんです。

 

いままでプロジェクトになかなか参加できなかった方や

イベントに毎回参加できない方、

大豆プロジェクトに興味がある〜!!という方や、お子さんも大歓迎です。

 

 

<日時>

7/22(土) 11:00〜13:30頃まで

 

<会場>

Kifruits Tokyo(キフルーツ・トーキョー)

〒166-0002 東京都 杉並区高円寺北3-10-3

 

<アクセス>

JR総武線 高円寺駅 北口 から徒歩5分程度

※土日は中央線快速は高円寺駅に停まりませんのでご注意ください。

 

<参加費> 

 大人(高校生以上) 3000円(ワンドリンク/お土産付)

 小人(小中学生)  1500円(ワンドリンク付)

 小学生未満      無 料

 

▼ お申し込みフォームはこちら

http://my.formman.com/t/SE62/

 

お申し込みお待ちしています!

※6月27日現在、お申し込み定員に達しましたので、締め切らせていただきました!

 

 

今後の予定

3回目:9/9(土)枝豆収穫&きなこ作り

4回目:11/18(土)大豆収穫&藁納豆づくり

5回目:12/9(土)&10(日) 冬のとうふ作り&おからせっけん作り

 

イベントは年5回予定でしていますが、毎回参加できなくても参加できます。

通えば通うほど、大豆に魅了されていくことでしょう。

 

 

*お問い合わせ先*

自然循環型オーガニックファーム ぴたらファーム

tel/fax:0551-35-2793 E-mail:info@pitarafarm.com

 

 

 

それでは、また来月のイベントでお会いしましょう!

 

text&photo by まめ




【イベント告知】雑草から知る、土のこと

ご近所のまーさ×ぴたらの共同企画!
畑や田んぼの植物観察を行います。

 

 7/1(土)「雑草から知る、土のこと」

 

 

田んぼや畑に生えてくる雑草。
一見邪魔ものに見える彼らですが、実はあなたの田んぼや畑、庭が
いまどんな状況なのかを知らせてくれる大切な存在かも知れません。

 

鎌を持つ手を一旦止めて、
一緒に彼らの声に耳を傾けてみませんか?

 

 

◆◆詳細&お申し込み◆◆

実施日時

2017年7月1日(土)10:00 ~ 15:00

※昼食はお弁当をご持参ください

会場

ぴたらファーム(山梨県北杜市白州町)
ぴたらファームは自然の循環を大切にしたオーガニックファームです。
無農薬、無化学肥料の畑や田んぼにて、植物や生き物の観察を行います。
アクセス情報はコチラをご確認ください。
 

講師

田中 智 さん (げんごろう工房)

畑と田んぼの植物、生き物の観察から畑や田んぼは、農作物の生産現場です。

しかし、里山の自然の1つとしてもあります。昭和の始め頃までは、里山生態系は豊かな場所でしたが、近年、農業の効率化によって大きく失われてしまいました。雑草と戦っている農家の方からすれば、そこに生える植物や生物の保護などは相反する事があると思いますが、土地の健全性の視点から見直してみるのも良いかもしれません。

 今回の観察会では、利用している畑や田んぼにどんな植物、水生昆虫が息づいているかを調べます。また、どんな生き物がいれば自然度が高いのかをお伝えします。

 

料金

2,000円(税込)

小学生のご参加は半額となります。(子供だけの参加は不可)
 

※幼児は無料です。ただし、今回は比較的大人向けの内容となります。

内容

10:00 集合@ぴたらファーム 

  はじまりのあいさつ、講師の紹介

  ぴたらの畑で植物観察 ~ 植物を通して土の状態を見ます ~

12:00 お昼ご飯 ※ぴたらのお茶が付きます

13:00 ぴたらの田んぼで観察会のつづき

  田んぼにいる生き物も観察してみましょう♪

15:00 終了

 

持ち物

・動きやすく、汚れても大丈夫な服装

・帽子
・履きなれた靴 ※田んぼの植物や生き物も観察するため長靴、

 または足をふくタオルがあると便利です。
・水筒(暑い日が予想されます。多めにご用意ください)
・お弁当
・その他、日焼け止め、サングラスなど必要と思われるもの

お申込み

以下の項目をご記入の上、メールにてお申し込みください。

送り先:woodpigeon.works@gmail.com(石川)

※メールをお持ちではない方は電話でもお申込みをお受けできます。

 19:00以降のお電話はご遠慮ください。

 

,名前(ふりがな)

∀⇒軅茵淵瓠璽襯▲疋譽后泡┿っていない方は不要

O⇒軅茵雰搬單渡叩泡┿っていない方はご自宅の番号

ざ杁淹の連絡先

イ棺蚕

 

お申し込み後1週間以内に、いただいたメールアドレス、またはお電話番号にお申込み完了のご連絡をいたします。

 

お問い合わせ先

ぴたらファーム

〒408-0313 山梨県北杜市白州町横手1118

ウッドピジョン・ワークス 石川 昌稔

電話:080-6685-2922

メール: woodpigeon.works@gmail.com