山梨県北杜市白州にある自然循環型のオーガニックファームのブログです。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ぴたらのなめらかお餅 受付スタート!

気づけば12月。

年末年始のお買い物計画を考える頃ですね。

 

毎年ご好評をいただいているぴたらの石臼なめらかお餅。

いよいよ予約販売を開始します。

リピーターのみなさま、お待たせしました!

 

1年の感謝と新年への新たなる思いを込めて、

火の元いちのファーム長の腕っぷしで、

なめらかお餅に搗きあげます。

 

完全無農薬無添加の手作りお餅を、ぜひご家庭でもお楽しみください。

 

まずは、美味しさの秘訣をご紹介^^

育て方

 無農薬で有機質の発酵肥料を使いゆっくりそしてのびのびと育てています

恵まれた自然環境

 南アルプスによって磨かれた水には豊富なミネラルが含まれています。

天日干し

 はざ棒にかけて太陽の力でしっかり干すことで甘み増大

餅米の品種

 収穫時期が遅く作る人が少なくなっていて

 幻の餅米とも言われる“満月”という品種を育てています。

 粒一つ一つがしっかりとして粘りが強く滋味深い味わいが特徴です。

石臼搗き

 おそらく100歳くらいの年季の入った石臼で人力で搗きあげます。

 お餅つき機や木の臼とは違ったなめらかな仕上がります。

 

 

シンプルな白餅と

色とりどりのお楽しみの具の入ったお餅をご用意しています。

<白餅>

 *石臼なめらか白餅

<お楽しみ具入り餅 3種>

 *大豆の食感と香ばしさが癖になる豆餅

 *紫色が美しい黒米餅

 *栄養価バツグンのエゴマ入りエゴマ餅

                  などを予定しています。 

 

 

・大パック 白餅(約1圈法       。院ぃ毅娃葦漾弊嚢み) 

・大パック 具入り3種(約800g)    1,500円(税込み) 

・小パック 白餅(5〜6枚程度)       500円(税込み) 

・小パック 具入り3種(4〜5枚程度)    500円(税込み) 

別途送料がかかります。600円〜

お申し込みはこちらのフォームから

お申込みは、12/21(木)中です。

 

発送日は、12/26(火) →通常12/27(水)のお届けになります。

北海道・九州等遠隔地の場合は、12/28(木)お届けになります。

年末のため、運送会社や道路の状況で遅延する可能性があります。

 

同出荷日には、おせち料理に便利な年末野菜セットも同梱発送可能です。

里芋・人参・大根・ほうれん草など、旬な野菜8〜9品目が入る予定です。

レギュラーサイズ2000円/ファミリーサイズ3000円 +送料

 

お申込み、内容のお問い合わせなどお問い合わせくださいねこ

電話・FAX(0551-35-2793)

メール(info@pitarafarm.com)でも受付けています。

 

 

▶お申込み用紙(ダウンロードしてお使い下さい)

たくさんのご注文をお待ちしております!

ぴたらファーム

 

 




ぴたら収穫祭2017 おまけ

可愛くて 素敵すぎて 

 公開せずにはいられない

  オマケ写真でーす。

 

かわいい子供達シリーズ ど〜ぞ〜

子供?一応中学2年生のキヌオくんです。

素敵女子シリーズ

昭和の女性達?!

また 来年も私たちに会いにくてくださーい^^ 

 

ぴたらスタッフ一同 でした。




ぴたら収穫祭2017 Part3

みなさんお待ちかねの振る舞い餅!

みなさんへの感謝の気持ちを餅に搗きこみます^^

まずは、ファーム長 よいしょー

大人の参加者もよいしょー

子供もよいしょー

段取りよく準備をしてくれたお手伝い餅ガール えりこさん

最後の最後まで気配りをしてくれたお手伝い餅ガール みほちゃん 

みんなでつけばより美味しくなる

搗いた後には、手早くわけて

自家製の納豆 きなこ 大根おろし

納豆ときなこの準備は、大豆プロジェクトの参加者さんに手伝ってもらいました。

 

 

石臼のなめらかお餅は笑顔がとろける美味しさ〜

年末には、この石臼お餅を販売しますよ〜 お見逃しなーく!

 

みなさんが餅にお腹を満たしていた頃。

裏では踊りの準備を入念に。

洋子先生の踊りの説明と

マイク助っ人みっちゃんのフォローに支えられながら

軽快な太鼓の合図でスタート!

いっぱしさんトップバッター ファーム長たいちゃん

農業で鍛え上げられた大きな手が

 びしっと宙をきります。

いっぱし No.2 

根っからのダンサー気質ゆきえさん

指の先の先まで女性らしさが

思い切って声を出せば、

 体の力が抜けて 自然に体がついてくる。

いっぱし No.3 ぴたらの座敷童^^ まほちゃん

前日まで不安の様子だったけど 立派に踊りあげました〜

左右隣を気にして お互いにペースをあわせること

先生からなんども助言いただきました。

お客さんも一緒に

太鼓の音を感じて 

 ただ ただ 足をすすませ 手を叩き 腕を振れば

じんわりと汗をかくほどに 体が温まってくる 

 

音とみんなの熱気が 

 いつの間にか 一体感となる

最後はみんなにご挨拶の礼踊り

終わりにはこんな達成感の笑顔がこぼれました。

最後は みんなで集合写真

みなさん 一緒に食べて 踊っていただきありがとうございました。

   来年もまた踊りましょう。

 

最後に、

 収穫祭の準備から打ち上げまで

  踊らず、酔っ払わず?!に

写真を撮り続けてくれたまめちゃん ありがとう。

 

Photo by mame

Text by saika

 




ぴたら収穫祭2017 Part2

今年も多くのウーファーさん お手伝いさんに

 助けられ 収穫祭を開催することができました。

 

ハワイからきていたウーファーのカリートくんは、

臼で脱穀体験のお手伝いをしてくれました。

 

ジャクソンが作ってくれた竹馬を楽しむ子供たち

全盲の青木くんもチャレンジ!

午後の陽がたっぷり差し込むサンルームでは、

普段よりお世話になっているご近所の大久保先生が

工作やマジックを披露してくれました。

身近にあるものから 器用になんでも作ります。

陰ながら駐車場の整備を担当してくれた伊織くん

見守り役を担当してくれた馬場さん。

試乗用車椅子を体験中。

実際に車椅子姿を拝見するのはまだまだ先ですね。

お客様で来ても いつのまにか働きはスタッフ並のけんちゃん

 

ぴたらスタッフによる出店は、

担当者の一言を添えてご紹介します。

<ぴたら味噌汁>

ぴたら産の7種類の野菜と味噌を使用して

釜焚きみそ汁を提供しました。

ぴたらの愛でポッカポッカになったかなー by担当ゆきえ

<たいちゃんのはちみつ屋さん>

7年越しの夢だった、はちみつ。

庭に設置した巣箱からはじめて採った琥珀色のはちみつは、

程よい甘みと花のとーっても良い香りがします。

藁葺きの小さなハチミツ小屋で、この日だけの特別販売をしました。

ハチミツをたっぷりかけた星形のクッキーも好評でしたよ♪

by たいと

はちみつを味わってもらうために

さいちゃん手作りのクッキーも提供しました。

卵や乳製品は使わずに、ぴたら産の小麦粉と米粉、油、砂糖、塩、水だけのちょーシンプルなクッキー。

ぴたらの小麦粉の粉そのものの味が感じられ、

ぴたらの微細粒子米粉が、はちみつに馴染むサクサク感を演出しています。

大豆プロジェクトブース

 

ぴたらの年間イベント「大豆プロジェクト」では、

大豆を育ててオリジナルのお豆腐を作ることが目標ですが、

大豆に関わる畑作業+大豆の加工品ワークショップも行っています。

収穫祭前日に開催した第4回イベントでは「わら納豆づくり」に挑戦!

みなさんもご自宅で納豆が作れるぴたらの稲わら+有機大豆がはいって
「わら納豆キット」を販売しました。

持ち帰ったみなさんは、わら納豆づくりに挑戦したかな?

by まほ

 

ぴたらファームの野菜と加工品の物販

ウーファーのサリーナちゃんが、

日本語を巧みに使って元気に売り子をお手伝いしてくれました。

今年の目玉新商品は菜園が始められるecoギフト

お米3種「コシヒカリ」「ひとめぼれ」「ササシグレ」の食べ比べセット 

まだ オンラインショップで購入が可能ですよ〜。

 

Part3に続く




ぴたら収穫祭2017 Part1

今年の収穫祭のテーマは

〜食えし

〜 踊れし

〜酔ってけし!

普段とはひと味もふた味も違うぴたらファームの収穫祭へようこそ。

築100年の古民家も三角旗でおしゃれをして 皆様をお出迎え

今年1年の収穫をみなさんとわかちあう 収穫のお祭り

広場の真ん中に火の神様をお迎えしたら

いよいよはじまりです!

1日をリードしてくれたのは、シェアハウスメンバーまいちゃんの爽やかな声。

まずは、洋子先生の掛け声にあわせて

アイヌの歓迎の踊り、ウエカップでお客様を歓迎。

一緒になって踊れば、自然と体も心もほぐれて笑顔があふれます。

 

次に現れたのはバッタの大群〜。

めおとバッタ

踊り疲れたあとには、渇いた喉を潤す飲み物と美味しい食べ物。

 

呑んべぇ現役研修生と元研修生二人によるぴたらバー

香子さんが栽培から醸造まで携わったワインや

こじまんがホップ収穫に携わったビール

ぴたらスタッフ彩ちゃんが庭の梅で作った手作り梅酒など、

どれも自家製やこだわりのものが勢揃いしました。

お隣は、ムスビテさん

ぴたら新米のおにぎりとベジ串かつ

おむすびは誰かに握ってもらうのが

一番美味しい。

 

米と米をむすび 繋ぐのは

  手からでる むすび手の気

だから 優しい手でむすばれたおむすびは

  優しくてほっとする美味しさ

収穫祭7回皆勤賞!「自由が丘ピッツア オルガニコ」さんの”ニコニコピザ”

ぴたらのワイルドな辛味のきいたフレッシュルッコラがピザを引き立てます。

今年は、二度揚げカリカリ フライドポテトもありました!

八ヶ岳おろし風が突き抜ける会場で、

揚げ温度を保つのは苦労したそうです。

白州横手のご近所さん。ホノホノカフェさんのパンとスィーツ

着物にニット帽の姿がとても素敵な店主ゆきさん

米粉のシフォンケーキや旬のりんごがたっぷりのタルトタタン

焼き菓子やパンの香りはなんでこんなに幸せなんでしょうか。

 

美味しいスィーツのお隣には、スィーツにぴったりな紅茶類も!

静岡掛川で納得のお茶をつくる タカテン大塚茶園さんも、収穫祭7回皆勤賞です!

爽やかな笑顔と楽しい口調のトークで

いつも周りを楽しませてくれるタカテンさんも。

お茶を淹れるときはまるで堅物な職人。

全身全霊をかけて最後の一滴まで気を抜かずに注ぎます。

今年は、タカテンさんの紅茶にたいちゃんのハチミツを入れるという

 夢の甘いコラボもありました!

ガスの火は青い 薪で起こした火は赤

  青は陰 で 赤は陽 

同じ火でも質が違い 体への効能も違う。

  そして、 周り回る地球への負担も違う。

ボタン一つで熱々のコーヒーが出るファストなコーヒーが

  そこらじゅうにある時代。

 

コーヒーが淹れられるまでの過程と

そこにかかるエネルギーを見てとれるコーヒーって

  他にはないと思う。

今年のニューフェイス 「あらいきや」のキヌオくん

手作りアルミ型抜きにより文字の形にくりぬかれた

  ドライフルーツの傑作の数々!

なんと カカオで黒くしたうちの犬かりんちゃんのカタチまで!!!

みなさん美味しい匂いに連れられて

あっちのお店を覗いたり こっちのお店を覗いたり

思い思いの場所でいただきまーす。

ご飯タイムのひと時に素敵な音楽を届けてくれたウーファーのジャクソン

柔らかな陽の光は、黄色や赤の紅葉にスポットライトをあて。

 青空の青さがそれを一層に引き立てる。

ときに強く吹く風も、指揮者のように、

 ジャクソンの歌声を盛り上げる。

まるで そこにある 自然の要素すべてが演出者。 

 お腹が満たされ 耳が満たされ ただそこにいることに満たされていく

Part2に続く