山梨県北杜市白州にある自然循環型のオーガニックファームのブログです。
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
映画「ミツバチの羽音と地球の回転」 サステイナブルな世界にしていこう
 

タイジュです。
週末は残念ながらファームに行けなかったので映画の紹介です。とてもいい映画ですので、強く推薦します。

渋谷ユーロスペースで、鎌仲ひとみさんの「ミツバチの羽音と地球の回転」を観てきました。

この映画では、エネルギー問題とサステイナブルな暮らしにフォーカスして、瀬戸内海の祝島とスウェーデンの2か所を取り上げています。
祝島は、若者が流出して高齢化となりつつも農漁業の1次産業で生計を立てて、サステイナブルに暮らしていますが、ここに中国電力が原発建設計画を進めようとしています。
中国電力側の論理は、国策に従って、安定的なエネルギー供給をCO2排出削減をした形(=原子力)で進めたいというもの。(日本は自然エネルギーも進めているのだろうが、現時点では原子力に傾注しているということなのかもしれない。)
つまりは、エネルギーは必要⇒原子力発電所はどこかに建てなければならない⇒影響の少ないところに建てるしかない、というロジックです。
祝島周辺は魚が産卵をして稚魚が育つゆりかごのような役割を果たしていて、海の生物多様性の高いところ(学者は「ホットスポット」という表現をされていた)であるため、原発建設するには、環境への影響が大きいという反論はできるわけですが、それでも日本のどこかにつくらなければならない・・というのも、このロジックだと正しいわけです。

このロジックの問題は、必要なエネルギーを原子力に依存するというのが前提にあるところにあります。じゃあ、どうしたらいいのか、という回答も用意されています。

映画の後半では、スウェーデンでエネルギーを循環させている都市の例が出てきます。住民が自主的に動きだして、風力発電やバイオマスエネルギーの利用などで、サステイナブルな暮らしを進めようとしています。
また、スウェーデンのストックホルムのような大都市でも、住民ひとりひとりが風力などの自然エネルギーを電力として選択できるようになっているということが紹介されています。
スウェーデン人は言います。「なぜ、日本は森林や水資源がたくさんあるのに、化石燃料(石油)を輸入しなければならないのか?」「なぜ、日本では自然エネルギーを個人が選択できないのか?すぐにエネルギー自由化を進めたほうがいいよ」と。

日本の問題は、消費者が、自然エネルギーを電力として選べないという点が大きいのではないかということ、この映画は示唆しています。。もし選べることができれば、恐らく、原子力発電なり化石燃料のエネルギーは買わないという意思表示をする人が増えるだろうし、また電力を多く消費する企業に対しても自然エネルギーを使うように仕向けていくことができるはず。
そうすれば、このような自然を破壊する原子力発電建設はなくなるのではないでしょうか。

エネルギー自由化が進まないのは、既得権益者が強いということもさることながら、恐らく様々な制約があってのことなんだろうと思いますが、少なくとも僕らはサステイナブルな生き方を志向して、そうした権利を獲得できるように声を上げていかなければならないと思います。

ぴたらファームも、サステイナブルなライフスタイルを広めることを標榜しているのですから、エネルギー問題に敏感でいたいと思います。
少なくともエネルギー自給ができないか、検討してみたいですね。






映画「180° SOUTH(ワンエイティ・サウス)」 旅から学ぶサステイナブル
 

タイジュ(運営担当/東京在住)です。
今週末は仕事で「ぴたらファーム」に行けなかったので代わりに映画の感想をアップします。

土曜日に渋谷で、クリス・マロイ監督の「180° SOUTH(ワンエイティ・サウス)」を観てきました。
1968年にパタゴニア創業者のイヴォン・シュイナードとノースフェイス創業者のダグ・トンプキンスが行ったパタゴニアへの旅に触発されて、その40年後に若いアメリカ人がパタゴニアへの旅をするというあらすじ。

パタゴニアまでのヨットでの船旅も、陸路の踏破での山旅、挿入されるサーフィンやロッククライミングの素晴らしさもさることながら、この映画の底辺を流れているのは、サステイナブルなライフスタイルに切り替えることの提言である。
映画のなかでは、パタゴニアでの水力発電用のダム建設の問題を取り上げている。ダム建設は、都市での電力消費のために企業が行っているもので、それは20世紀ずっと続いてきた都市の便利で快適な生活のためには欠かすことのできない、やむをえない犠牲だと、都会の人たちは思うだろう。

この旅のなかで、若い旅人は、現地の自然の素晴らしさを体感して、そこに疑問符をつけざるをえなくなる。
「ほんとうに、都市の便利さや快適さのために、貴重な自然を壊してしまってもいいのだろうか?」と。

ただ、反対するのはたやすい。でも、自分が消費重視の快適な生活を送りながら、反対を唱えるのはフェアではない。
ほんとうに反対したいのであれば、隗より始めよだ。
都会に住んで、便利で快適な生活を享受しながら反対するのではなく、サステイナブルな暮らしを自ら体現していかなければならないのではないか!と。

旅のなかで、若い旅人は自問自答をしていく。そのなかで、自分の生き方(それも旅のようなものだ)を決めていく。

パタゴニアという会社は、創業者のイヴォン・シュイナードのもと、自然環境への負荷を抑えた物作りを行っていて、その売上の1%を環境保護団体に寄付している素晴らしい会社だ。(その経営哲学は、イヴォン・シュイナードの社員をサーフィンに行かせようにも載ってます。)
イヴォンは、今の社会の仕組みがおかしいならば引き返せばいいと、映画のなかでいとも簡単に言ってのける。企業の利益ありきの前に、理念ありき。みんながそういうふうになれば、本当に社会は変わっていきますね。

「ぴたらファーム」も、活動をとおして、サステイナブルな(持続可能な)ライフスタイルを広められたら素晴らしいなと思います。







アレクセイと泉
こんにちは さいかです。

 白州で有機農業を女性一人でがんばるキノちゃんに誘われて、
『アレクセイと泉』という映画をみました。
(地元の白州ライブラリーで借りてきたビデオ♪ビバ地元^^)

舞台となるは、1986年4月26日に起こったチェルノブイリ原発
(旧ソ連・現ウクライナ共和国)の爆発事故で被災した
ベラルーシ共和国東南部にある小さな村ブジシチェ。
放射能汚染がひどく、村のほとんどが他の村へ移り住んだ。
残ったのはお年寄りと一人の若者アレクセイ。

この村の学校跡からも、畑からも、森からも、採集されるキノコからも
高い濃度の放射能が検出されるが、
唯一放射能が検出されない不思議な泉がある
この泉を生活のより所とし、
自然や動物とただただ一緒に暮らすアレクセイの姿が、
たくましく美しく鮮烈に映写されています。

土に足をつけて生きることはどういうことなのか?
生きる原点を見直すきっかけをくれるような映画でした。

馬が好きで馬のいる生活をしていみたい私にとって、
ある意味憧れる様な生活でもありました

ちなみに、映画の音楽は坂本龍一さんの手がけた音楽です。
本橋成一監督の他の作品も気になりますね。
機会があったら見てみてください




映画「フード・インク」
こんにちは、さとこです

渋谷のシアターイメージフォーラムで、映画「フード・インク」を観てきました
裏付けデータと、アメリカのファーマーのインタビューから構成されているドキュメンタリー。事実も映像も圧倒的で、最後まで目を見開いて観てしまいました・・・

日常の何気ない食事が、いかに工業化されているか。
生産性・効率性を追い求めた結果、消費者は安価で買えるようになった。
だけど、幸福には、なれていなかった(と気づき始めた)。

でも、わたしたちは買い手がもっと知って、選んでいくことが必要だと思う。
映画でも「1日3回、私たちは選ぶことができる。」というフレーズがあって、印象的でした。

■食の安全のために私たちができること(映画のチラシから)
・労働者や動物に優しい、環境を大事にする企業から買う
・スーパーに行ったら旬のものを買う
・有機食品を買う
・ラベルを読んで成分を知る
・地産食品を買う
・農家の直販で買う
・家庭菜園を楽しむ(たとえ小さくても)
・家族みんなで料理を作り、家族そろって食べる


このあたり、実践すると、買いものに時間がかかることが難なのです・・・
でも、その時間を惜しんではいけないですよね

映画はまだまだ上映中のようですので、ご都合つく方はぜひ
おすすめです