山梨県北杜市白州にある自然循環型のオーガニックファームのブログです。
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ファーム探しは、衝動的な恋愛で終わる <ファーム探し  | main | イベント告知「採れたて野菜でピクルスづくり!」 >>
麦まきイベント

11月13日(土)に、ぴたらファームの初めてのイベント「麦まき」を行いました。

天気に恵まれ、八ヶ岳も南アルプスの山々も見渡せ、気持ちのよい一日となりました。

東京や神奈川から9名(大人5名、子供4名)の方が参加されました。


お昼はポトラック(持ち寄り)形式でしたが、腕によりをかけた料理が並び、その光景を眺めているだけで満ち足りた気分になってしまいました。
そして美味しかったですね。卵のほくほく感が堪らなかったです。
ぴたらファームからは、玄米ごはん、カブのお味噌汁、大根のシンプルな塩煮、根菜ふりかけ、お漬物等を用意しました。

午後から、麦当てクイズを交えた小麦のイントロダクションをスタッフの彩ちゃんが行った後(小麦を当てるのは大変でしたね!)、麦まき用の畑(3畝=3アール)に出て、麦まきをスタートしました。
畑はまだ一週間前には雑草が一面に生えていましたが、この一週間の間に耕して、ふかふかとした黒い土が種まきを待っていました。
畑は八ヶ岳も甲斐駒ケ岳も望める格好のビューポイントで、畑作業をしているだけで癒されるようなところでした。
周囲の畑は稲刈りの終わった水田が広がり、その向こうに紅葉の始まった雑木林が南アルプスの裾野まで続いていました。

スタッフの泰斗の指導により、畑の両端に杭を打って、その間に紐をぴんと伸ばします。
紐に沿って、まず最初の人がすり足で行進して、種をまく溝をつけます。
次の人が種をもって、溝にまいていき、最後の人がそこに足で土をかけます。
そして杭を移動して紐を張り直して・・・というのが、麦の種まきの一連のプロセスです。

子供たちが嬉々として種まきをして、お父さんが土をかけているというシーンが多かったでしょうか。
1時間ほどで種まきが終わり、スタッフのさとこさんの手作りクッキーと林さんの沖縄風揚げ菓子を食べながらお茶タイムをとりました。

ちなみに、小麦は今回の3畝(3アール)の畑あたり90〜100キロくらい収穫できます。
ピザ1枚に小麦粉100gとすると、ピザ1000枚になる計算になります。
(そんなに食べられるかなぁ!)

お茶タイムのあと、ぴたらファームのメインの畑に移って、玉ねぎの定植を体験してもらいました。
子供たちも器用に玉ねぎを植えていましたね。
最後に、数種類ある大根とカブから好きな野菜を選んでお土産にしました。
ぴたらファームの野菜は活きがよくて、引っこ抜くのもなかなか大変。
それでも土から出てきた鮮やかな赤色のカブなど見て、笑顔が絶えなかったですね。

最後に皆で、べるがの湯に行って、汗を流しました。
露天風呂から見上げると半月が浮かんで、「おつかれさま」と語りかけてくれました。
ほんとうに素晴らしい一日でした。

小麦のイベントは今回の種まきに続いて、、
・2月頃にパンがまづくりイベント
・6月頃に小麦の収穫イベント
・8月頃に畑の夏野菜をつかったピザ作りイベント
が待っています!
楽しみですね!

by タイジュ(運営担当)



ようこそ、ぴたらファームへ!


ポトラック形式のランチ。美味しそうな料理ばかり・・・。


すすきと南アルプスの山々。


麦まきです。糸張り役、すり足で溝つけ役、種まき役、土かけ役に分かれてます。


ティータイム。さとこさんのクッキーと林さんの沖縄の揚げ菓子です。


休憩中です。心の洗われる秋の景ですね。



みんな立派な野菜を収穫しました。笑顔が素晴らしい!


集合写真。最高の笑顔じゃありませんか。ありがとう、ほんとうに。


ぴたらファーム名物の掘りごたつと、色とりどりの靴下。




COMMENT