山梨県北杜市白州にある自然循環型のオーガニックファームのブログです。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 10/13(土) 駒沢オリンピック公園の「そらまつり」に出店します。 | main | 10月2週目の野菜セット >>
秋のオープンファーム終了!

ぴたらファームでは10/6(土)〜10/8(日)でオープンファームを開催しました。
今回のオープンファームはたわわに実った稲の収穫作業をメインに行ないました。

田んぼの中を駆け抜ける風を受け、稲穂がゆらゆらと揺れ動く様はまるで黄金色の大海原。
そんな元気に育った稲をゲストの皆さまが一本一本大切に刈り取ってくれました。






突き抜ける秋の空の中ゲストの皆さん総出で稲を刈りました。
乾いた稲を刈るときの「ザクッ」という音が何とも心地良いです。













子供も大人も無邪気に、そしてがむしゃらに稲刈りを楽しんでくれました。





今回は機械刈りの体験もゲストにして頂きました。





そして、刈り取った稲は天日干しをする為にはざ掛けを行ないます。
















今回は、しばらく干して乾燥させた稲をお米と稲わらとに分ける脱穀の作業も体験して頂きました。













そして、精米の工程を経て、遂に2012年のぴたらファームの新米が完成です!!
出来上がったお米は早速ゲストの方達と一緒に頂きました!






現代の一般的なお米作りの方法だと、大型の機械を使って一気に田んぼに稲苗を植え、除草は手作業ではなく農薬を使って行ない、収穫の際は刈り取り、脱穀、乾燥の作業を同時に行なえる機械を使い、作業が終わればすぐにお米が食べることが出来ます。
確かに便利と言ってしまえばそれまでですが、個人的にはその方法だとお米作りに対しての愛を感じ取ることが出来ません。
野菜作りの基本はその作物に対して愛情を注ぐことだと思っています。
愛情を注げば注ぐほど作物はその愛を受けて元気に育ってくれる。
これからもぴたらファームは愛情をたっぷり注いで野菜、お米作りをしていきます!


田んぼの中で笑顔が飛び交うとても幸せなオープンファームでした!
皆さん本当にありがとうございました!





以上、スタッフの真吾でした。




COMMENT