山梨県北杜市白州にある自然循環型のオーガニックファームのブログです。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 10月4週目の野菜セット | main | 11月1週目の野菜セット >>
ぴたらファーム収穫祭2012 つながりの「わ」

ぴたらファーム収穫祭2012「つながりのわ」スタートです。


今日のタイムスケジュールです。


会場図です。


Sabunyumaのパフォーマンス。
アフリカ太鼓とダンスで会場が一挙に盛り上がります。


ステージから広場に移ってパフォーマンスが続きます。
会場全体を巻き込んで踊りはさすがです。


ぴたらバー。ドリンクやおつまみ。


ぴたらバーは、古民家のキッチンの窓を取り外してバーに仕立てています。


ぴたら野菜を使ったボリュームある、おつまみ


ハナ笛のお店


ひかフェの中華ちまき。ぴたらのもち米を使っています。


たわわさんのポテトです。はまちゃんが揚げてくれます。


たわわさんのベジフードです。見た目も美しい。



こちらでは餅つきの準備が始まっています。


準備進行中。


さて、餅つき開始です。


女性には少し重いかな。


石臼での餅つきはなかなかできませんよね。


ヨイショのかけ声が周りからあがります。


ヨイショ


ヨイショ


きなこ餅などで楽しみます。きなこもぴたらで作ったもの。


お餅を待つゲストの皆さん。


畳部屋で就寝中の子どもたち


石窯の前では、ピザ職人テル君が講師役になってピザづくり体験


好きな野菜のトッピングでピザをつくります。
ピザ生地の小麦粉もぴたら製です。


おなかいっぱいになって、希望者は畑に行きます。
俳句でも詠みたくなるような秋の景。


前方に見えるはずの甲斐駒ケ岳は雲の中ですが、秋の風が気持ちよいです。


彩ちゃん(右端)がぴたらの田んぼとぴたらぶについて説明しています。


間引き大根の収穫体験です。


収穫した大根を手に笑顔のゲストの皆さん。


古民家ぴたら邸の前では、畑案内と同時に、蕎麦の脱穀体験も行っています。
お手伝いのウーファー3人組です。


昔ながらの脱穀機を使って、蕎麦の実をとっていきます。


素敵な自転車。


午後の部。まろ&南プス音援隊。


古民家ぴたら邸の2Fではハンモックが吊られて、子どもたちが遊んでいました。


会場の様子。2Fから。


Mana Yoheiさんの演奏。


皆、思い思いにステージを囲んでいます。


秋らしいステージ。


こちらでは、収穫祭に来ていただいた記念にゲストに足跡を残していただいています。


こんな鮮やかなデザイン。松下さん作成中。


できたものは、紐に通してつなぎます。まさに、つながりのわ。


奥がステージです。栗の木の下にあります。


ゲストの田島さんがぴたらファームの歌を作詞作曲のうえ、披露くださいました。
会場が一体になりました。
⇒当日の演奏の録音データはこちら。(4MB)


空を見上げれば飛行機雲。


最後に、山伏神楽研究会のお神楽を観ます。
ぴたら邸の古民家で踊りが披露されました。


こちらでは、語らいが続いています。


緊張感のある踊りです。


焚火に温まりながら観ています。皆、真剣。


今年も収穫祭が盛況のうちに終わりました。
パフォーマンスを披露してくださった皆様、出店いただいた皆様、ゲストの皆様、ウーファーとして数日前から準備し当日も裏方で支援してくれた皆様、ほんとうにありがとうございます!
また、お会いしましょう。



COMMENT