山梨県北杜市白州にある自然循環型のオーガニックファームのブログです。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 12月4週目の野菜セット | main | 12月5週目の野菜セット >>
イベント報告 ぴたらでハッピークリスマス 12/22(土)-12/23(日)

ぴたらファームでは12/22(土)-12/23(日)にクリスマスイベントを行ないました。




ぴたらでは2012年の締めくくりとなるイベントです。
イベントの朝、目が覚めてカーテンを開けると辺り一面が真っ白に!
正にホワイトクリスマスでした。






こかぶは雪の中を走り回っていました。

今回のイベントは、クリスマスということで、バームクーヘン作りと飾り付け、そしてスペシャルディナー作りを行ないました。

イベントの前に、まずは恒例の畑見学。



畑も白銀の世界です。
どこに野菜があるのかさっぱり分かりません(笑)



こちらはエンドウの苗が植わっています。
苗の上に稲藁を敷き、寒さから守ってあります。



稲藁をめくると、元気な苗が顔を覗かせています。
寒さに耐え、暖かくなるのをじっと待ちわびているかのようです。


畑見学を終え、みんなでお昼ご飯!
今回も豪華なポットラックが並び、本当に豪華な食事です。






里いもの煮物。




ゲストがぴたらにある薪ストーブのオーブンで焼いてくれたパン。
もちもちして香ばしく、とっても美味しかったです。


昼食後はみんなで夜のクリスマスパーティーの準備です。


こちらはクリスマスの飾り付け班。
部屋中に飾りを付け、屋外はイルミネーションの電球を取りつけ、皆でオリジナルクリスマスツリーを作りました。









神棚とクリスマスツリーのコラボレーション。
ぴたらならではの光景です。




力作のオリジナルツリー!
木枠の中の飾りはくず野菜をドライしたもので飾り付けています。


こちらは、バームクーヘン作り班。
まずは、庭にある竹を切り、適度な大きさにカットして数か所に穴を開けていきます。



次に、ブロックで囲いを作り、火を起こします。
さて、どうやってバームクーヘンを作るのでしょうか?



火の上で竹を炙って油抜きをします。



そして、いよいよバームクーヘンを焼いていきます。



生地を竹に薄く塗り、くるくると回しながら焼いていきます。



生地が焼けたらその上にまた生地を塗り、竹を回しながら焼いていきます。
これを繰り返して段々と層を厚くしていくのです!

少しずつ太くなってきました。






辺りは甘い匂いが立ち込めています(^^)




焼けたら竹を切り、バームクーヘンを竹から抜き取ります。
出来上がったバームクーヘンを斜めに切り、デコレーションをしていきます。

その前にお茶タイム。



今回は、お手伝いに来てくれているシノさん特製の鬼まんじゅう。
さつまいもの甘みともちもちした食感が本当に美味しかったです。



大樹さんが雪ウサギと雪だるまを作りました。



疲れてお昼寝をしているくるみちゃん。


休憩後はバームクーヘンのデコレーションとスペシャルディナー作りです。



今回はブッシュドノエル風にデコレーションしていきます。



じゃじゃーん!!!
どうです、美味しそうでしょう?
早く食べたい!



外では先日のイベントで作ったかまどを使用して鹿肉の赤ワイン煮込みを作りました。



下拵えを済ませ、温泉から戻って来たらキャンドルナイトと共にクリスマスパーティーの開催です!



こちらは野菜のキッシュとゲストが持って来てくれたタコスチップスです。
写真は撮れませんでしたが、囲炉裏の前でチーズフォンデュを作り、パンプキンスープ、ポテトサラダ、ホットワイン等、数々のディナーを作りました。
どれも本当に美味しく、そして沢山の人と楽しく会話をしながら食べたので、最高に幸せでした。
夕食後は夜遅くまで語り合い、トランプゲームや人生ゲームをしたり、クリスマスにふさわしいほんわかとした夜を過ごしました。
サンタさんは、やってきてくれたのかな?


さて、翌日は雪がまだ溶けていないので、庭の竹林を整備しました。







竹林の中も雪が残っています。
土から伝わる冷気で足先が痛いほど冷えますが、来年の春にタケノコを沢山生やす為に、ゲストの皆さんと協力して頑張って整備をしました。


最後に皆さんと共に記念撮影。




こんなに楽しいクリスマスイベントは人生の中で初めてでした。
本当にありがとうございました!!!


ぴたらファームでは来年も楽しいイベントを沢山開催する予定です。
これからも応援のほどよろしくお願いします。

以上、スタッフの真吾でした。





COMMENT