山梨県北杜市白州にある自然循環型のオーガニックファームのブログです。
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 2月4週目の野菜セット | main | 大根干葉湯のご紹介 >>
イベント報告 味噌作りイベント&塩麹作りベント2/23(土)-2/24(日)
ぴたらファームでは2/23(土)-2/24(日)に味噌作り&塩麹作りイベントを開催しました。




まずは恒例の畑見学。
まだ雪が溶けずに残る畑の案内をしました。
この畑には今年ビニールハウスを建設し、出荷に向けて苗を育てています。
日が出ているとハウス内は暑いです。
早く苗が大きく育たないかなあ。



見学を終えて、今回の味噌作りの勉強をしました。



味噌の作り方や味噌の種類などを泰斗さんが分かり易く教えていました。



勉強を終えたらお昼ご飯です!
今回は大勢の方に参加頂いたので、食卓に並ぶポットラックもとても豪華です!!
味はもちろん言うまでもなく美味しいです!



午後はお味噌作りです。
その前に食後の運動も兼ねて、北杜市で話題の「味噌づくりのうた」を歌って踊って味噌作りの方法をおさらいしました。
みそ、みそみそ、手前みそ~♪




その後は味噌の味比べ。
ぴたら味噌の1年物、2年物、それにたまり醤油の味の違いを知って貰いました。
熟成具合によって味も変わりますが色も大分違っています。






さて、いよいよ味噌作りの開始です。
まずは塩切りという作業を行ないました。
麹屋さんに作って頂いた米麹に塩を混ぜ込んでいきます。
もちろん使用したお米はぴたら産のコシヒカリです。



塩切りをしている間に、大釜を使って煮ておいた大豆をミンサーという道具を使って細かく砕いていきます。



大釜の前で日向ぼっこをするかりん。


火が通っているか試食をして確かめます。
大豆の甘い香りがしてきてとても美味しそうです。


これがミンサーです。


大豆を投入してレバーを回すと、まるでお肉のミンチのように細かく潰された大豆が出て来ます。

今回はミンサー以外にも足で踏み込んで豆を潰しました。




良い感じに潰れています。

・・・と、思いきや。


袋が破けて大豆が飛び出てしまいました(^^;
あらら。。。

なので、今回は石臼を使って大豆を潰すことにしました。



潰し終えた大豆は、先程塩切りした米麹と混ぜ合わせます。


混ぜ終えたら拳大の大きさの団子を作って、樽の中に投げ込んで空気が入らないように詰めていきます。


この作業が快感なんです!!

最後に蓋をして加工作業は終了です。
この樽を涼しいところに保管して、8か月ほど寝かしたら味噌の完成です。
出来上がりが楽しみです(^^)

夜は鍋を囲んでの大宴会!


楽しくて、夜遅くまで語り合い、思わず食べ過ぎて飲み過ぎてしまいました。



イベント2日目。
2日目は塩麹作りに挑戦です。

今回は東京から塩麹作りの講師として石山草子さんをお招きしました。






塩麹のレジュメ。




参加者の皆さんは真剣にお話を聞いていました。



1日目にも使用した米麹。
この米麹に塩と水を加えて混ぜていきます。



味噌も同様ですが、日本の調味料には発酵という素晴らしい技術で作られたものが沢山あるんですね。


混ぜ終えたら常温で2週間ほど寝かせて塩麹の完成です。


味噌は大豆と米麹と塩を混ぜるだけ。
塩麹は米麹と塩と水を混ぜるだけ。
こんなシンプルで簡単な食材で美味しい調味料が出来ちゃうんですね(^^)



皆さんも是非味噌作り、塩麹作りにチャレンジしてみて下さいね!


ゲストの皆さん、そして今回の講師石山草子さん、本当にありがとうございました!!




以上、スタッフの真吾でした。





COMMENT