山梨県北杜市白州にある自然循環型のオーガニックファームのブログです。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< イベント告知 4/13(土)-4/14(日)お花見イベント | main | 薪窯ピッツア オルガニコ >>
イベント報告 山梨ワインとジビエ料理を楽しむ会


さあ、「山梨ワインとジビエ料理を楽しむ会」が始まります。


こちらがタイムスケジュール。
 


まずは、畑案内。ぴたら邸の前に建てられた育苗ハウスにご案内。
少量多品種型の有機農業について、ファーム長のたいちゃんが参加者に説明しました。


こちらは仕込み中のお醤油。


この日が二度目の天地返し。



ぴたらの加工品。充実してきましたね。


恒例のポトラックランチが始まります。


皆が食事に舌鼓を打つ中、りんごのオブジェで遊ぶ子。


食後に、地元白州のワイナリー、シャルマンワインを見学します。
1919年にできたんですね。
参加者で記念撮影。


社長さん自ら、ワイン造りについて説明くださいました。
ワイン造りで忙しいのは10月のブドウ収穫時期なんだそうです。
有機肥料を使い、除草剤を使用しない草生栽培ということで、環境に優しいワイン造りをされています。


ファームに戻って、夕食づくり。
Hさんはノカンゾウを摘んでいます。


こんな感じで沢の路沿いに生えています。


こちらは、Bar aスタッフしゅん君が、ジビエ肉(地元の鹿肉)をさばいています。
まず肉の特性を調べたうえで、一番合った料理方法を考えていきます。
料理人です。


ぴたら邸に西日がさしこみます。東京は桜が満開ですが、ここ白州では梅が咲いています。


今回のイベントの山梨ワインのリストをつくってくださった、小淵沢駅近くの久保酒店さん。
お酒を買うなら、この店がお薦めです!!


今回は山梨ワインを10本。さらに持ち込みで海外2本、ラベルなしの秘蔵ワイン2本という豪華なラインナップです。


1本目。北杜ブラン シャルドネ(無濾過) :シャルマン。


2本目はカリフォルニアワイン。1本目と同じシャルドネですが味が違いますね。


中央は、今回のナビゲーター役の湯川暁(さとる)さん。
東京・西麻布のBar aの店主にしてソムリエさんです。




3本目は、自園ブラン 甲州 :まるき。
暑い日に冷やして飲みたい感じのワインでした。


4本目は、ソーヴィニヨンブラン :敷島醸造。
海外のソーヴィニヨンブランは麝香の強い香りのものもあるそうですが、これは日本人好みの香りにおさえられているそうです。
少し発泡した感じで舌先にシュワッときました。


5本目は独特のブドウの味。ミュール セミヨン :サドヤ。
好き嫌いが分かれそうな味。


ここから赤ワインが始まるところで、ジビエの鹿肉が登場。
鹿肉は地元でとれたものを分けていただきました。


6本目。ソレイユ ピノノワール(無濾過) :旭洋酒。
フランスのブルゴーニュ地方で使われているブドウです。
魚介に合いそうな、あっさりとした味です。


7本目、八ケ岳高原メルロー :スズラン。
これは個人的に美味しかったです。
(少しずつ酔いがまわってきたのか、批評力が落ちてきて、美味しいとしか思えなくなってきます。)


厨房では、Bar aのスタッフ、しゅんさんが炎をあげて鹿肉を調理しています。すごい。


8本目はベルカント(無濾過) ベリーA :山梨ワイン。
日本が独自に開発したブドウ品種ですね。ふつうに美味しいです。


鹿肉が違うアレンジで出てきました。バルサミコ風の味(と思われます。)
真ん中にのっているのは菊芋のオーブン焼きです。


9本目。カベルネソーヴィニヨン :敷島ワイン
これは美味しい!鹿肉にマッチします。


10本目。シャトーシャルマン カベルネフラン :シャルマン


さらに鹿肉料理。ブチヴェールと辛味大根をマッシュしたもので、野性味あふれる鹿肉に合います。


11本目、プチベルド :敷島醸造。
かなり重い感じのワイン。深い深いワイン。


12本目。フランスのボルドーワイン。ブドウはメルローです。

皆さんすっかり満足です。
2人のソムリエがどんな質問にも答えてくださって感謝しきり。
また、料理もお店で食べるような見事なものばかりで企画者としては恐縮するばかり。
参加者は大満足でした。

今回、ご協力いただいた、東京・西麻布のBar aは、六本木駅から徒歩10分ほどにある、しゃれたバーですが、料理も大変美味しいお店です。
夏には、ぴたらの野菜も出てきますので、ぜひ、一度、足を運んでみてくださいね!!





さて、2日目の朝。
今日は農体験。葱の雑草(ナズナ)とり、ホウレンソウの収穫を行いました。
無心になって草を取っているのもなかなかいいものです。


お昼御飯は残っているゲストと一緒に、ぴたら邸の梅の木の下でいただきました。


ノカンゾウを使ったパスタと焼きおにぎりです。

素晴らしい週末でした。
協力いただいた久保酒店様、Bar aの皆様、送迎を手伝ってくださったNさん、そして参加者の皆様、ありがとうございました!




COMMENT