山梨県北杜市白州にある自然循環型のオーガニックファームのブログです。
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 野菜セット(3月8日)のご案内 | main | 【イベント中止のお知らせ】3/21〜23「パーマカルチャー空間づくりシリーズ第1弾!〜動物と共に暮らす ”動物と人の為の小屋作り”」 >>
【イベント報告】3/8〜9 味噌&塩麹づくりイベント
3月8日(土)、9日(日)に「味噌&塩麹づくりイベント」を開催しました!

大雪により2週間延期されましたが、なんとか今度は晴れてくれましたDocomo1
高速バスも順調に渋滞なく到着して、みなさんオンタイムでファームに到着。
こちらは駐車場案内でドタバタ…汗

みなさんをお迎えするための看板もなんだか雑に。。。
ごめんなさい。。。_| ̄|○

でも、ご近所のMちゃんも一緒に「手前みそのうた」の
キャラクターを描いてくれましたよ手


自己紹介や家周りの案内を済ませた後は早速お昼。
みんなでいただきまーす☆

各々ポットラックを持ち寄って素敵にランチになりましたランチきらきら


おなかいっぱいになった後は、食後の運動を兼ねて
甲府にある創業130年以上の五味醤油さんプロデュースの
「手前みそのうた(by森ゆに)」をみんなで歌って踊りましたonpu03


みそみそみそ手前みそ♪


振付は簡単だけど、歌いながらはなかなか難しい汗
DVDも発売されているそうなので、ぜひ覚えてみてくださいゆう★



みんな笑顔になってほっこりしたところで
味噌の作り方とポイントを泰ちゃんから説明。


昨年、みんなと一緒に育てた有機米に糀を付けてもらった生米麹と、
足踏み脱穀機で脱穀して、丁寧に手で選別した有機大豆、
そしてこだわりの花藻塩を使って味噌を作って行きます。
ものすごく手間暇かかってます手

さぁ、いよいよ味噌づくりの始まりです!

まずは、米麹に塩を混ぜて塊をほぐしていきます。
これを塩切りといいます。


塩切り富士山。富士山


大豆が茹で上がって耳たぶぐらいの柔らかさになったら、
ざるに空け、大豆をすり潰していきます。




量が多いので、すり鉢やマッシュ棒を使って手分けしてすり潰します。

こちらはこどもたちも一緒にミンサーを使って潰していますヤッタv


ぐにゅ〜。


先ほどの塩切した米麹に大豆を混ぜます。


ムラのないように均一に。




ゲンコツ大くらいの大きさにまぁるくコネコネしていきます。

これを樽の中に投げ入れて空気を抜きます。


ぎゅうぎゅうと空気を抜きながら詰め込んでいきます。
樽の中に落っこちないでよ〜ゆう★



最後に、表面全体的塩を振りかけて出来上がり!
漬物石などで重しを載せて冷暗所で保存します。
早ければ秋頃には食べ頃を迎えます手


ちょっとおやつ休憩〜☆


差し入れの美味しい手作りケーキをいただきましたペコちゃん


記念に一枚。ハイ、チーズ!カメラき


このあともうひと樽分仕込んで、夜はみんなで温泉へ。
疲れた体を癒しました温泉

晩ご飯の写真を取り損ねてしまいましたが、
みんなで食卓を囲んで「手前味噌な話」で盛り上がりました(笑)
笑いが絶えずとっても賑やかな晩ご飯になりましたゆう★



2日目は塩麹づくりの講師として
Comecafeの石山草子さんをお迎えしました!

塩麹のつくり方を教わる前に、そもそも麹ってなんだろう?
というお話を詳しくしていただき、みんなの理解も深まりました。
他にも塩麹を使った色んな料理のレシピを紹介していただき、
手間もかからず簡単にできるので、みんな興味深々。熱心に聞いてました。

マイ塩麹を作る意欲が湧いてきたところで
早速作ってみましょ〜矢印上

使う材料は、生米麹と塩と水だけ!

容器に入れて混ぜ混ぜします。

容器の蓋を浮かして室内で1週間ほど寝かした後は
粒が柔らかくなってきたところで冷蔵庫で保管します。


そして、ず〜っと気になっていた草子さんの目の前に並んだ料理たち。
早くから仕込んでいただいた草子さん手作りの麹料理。
お待ちかねの試食タイムです!kyu




メニューは
出来立ての一品、塩こうじ漬けチキンと野菜の蒸し焼き
ブロッコリーの塩こうじオリーブオイル和え
やまいものしょうゆこうじレモン漬け
鶏ハム2種 ノーマルとレモン味
コメカフェ自家製みそのクリームチーズ漬け
玄米粉のレモンケーキ

いただきま〜す☆

素材の味が引き立っててどれも本当に美味しかったですゆう★
おうちでもマイ塩麹を使ってぜひ、料理を楽しんでくださいね!


最後にみんなと感想をシェアしました。
手間をかけてでも自分で作って楽しむことができて
食について考え直す良いきっかけになった様です。

草子さんも現在、相模湖で畑を借りて野菜を自給されています。
農と食を通じて繋がりの環が広がっていくことを実感されているようで、
「これからはコミュニティで助け合っていく時代」という言葉には
ぴたらのビジョンと強く共感することができました。
これからも繋がっていきましょう!

ComecafeのFacebookページはコチラ!
https://www.facebook.com/comecafe.jp



みなさん、2日間ご来場ありがとうございました!\(^o^)/

byしもごん



 



COMMENT