山梨県北杜市白州にある自然循環型のオーガニックファームのブログです。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ぴたらの暮らしのおすそわけ加工品セット&小麦セット | main | 3/25(土)-26(日) ぴたらシェアハウス「おぼろ庵」リノベーションプロジェクト第一弾! >>
手前味噌&いろいろ甘酒作り イベント報告

ぴたらファームの野菜セットは冬季休業中ではありますが、

春の出荷に向けてそら豆、レタス類、アブラナ類などの種まきが始まりましたよ。

 

2月25ー26日 ぴたらファームにて恒例の味噌作りと

いろいろ甘酒作りをやりました。

 

2日とも穏やかな天候に恵まれました。

梅がちょうど咲き始めた庭で自己紹介からスタート♪

そして敷地内や畑の案内ツアーへ

育苗のはじまったハウスや

準備途中の畑

雪の残る甲斐駒ケ岳を眺めながらぐるりっと1周ツアーをしました。

味噌作りも力仕事なので

まずは腹ごしらえ〜 みなさんが持ち寄ったおかずがずらり

 

毎年250キロほど仕込む特性ぴたら味噌。

ずっと生き続けるホンモノの発酵味噌は年を重ねるごとに

より深みのある色と味になっていきます。

材料はとてもシンプルです。

ぴたらで育てた大豆(品種:オオツル、シュウリュウ)

そしてぴたらのコシヒカリに麹屋さんで麹をつけてもらった

米麹 そして 自然塩 

シンプルだからこそ、良い素材を。

ぜひ お塩も自然のよいものを選んでください。

 

米麹と塩をあわせておきます。

両手で丁寧に摺り合せるように。。。

塩が手にしみるのでゴム手袋の着用をオススメします。

麹も生き物 みんなで楽しく ワイワイと

笑顔で触れればきっと麹もいきいきするはず!

主役の大豆さんは、一晩水に浸しておいて

大釜で蒔を使ってじっくり茹でます。

たっぷりのお湯で3時間から4時間ほど

指で潰せば簡単に潰れるくらい柔らかくなるまで煮込みます。

ほんのりいい大豆の香りがしてきたら そろそろでしょうか?

柔らかくなっているか 味見してみましょう!

ドノバンくんどうですか?

ん〜いい感じ!

タイのパムちゃんもどうですか?

ん〜 美味しい。

 

大豆を潰す方法はいろいろ

ミンサーを使って

くるくる うにょうにょ〜♪ まるでモンブラン?!

 

杵と臼を使うと大きめの粒も残る滋味深い味噌になります!

ビニール袋にいれて足や手で潰したりも

 

柔らかくなった大豆は人肌まで冷まして、

塩きりした米麹と混ぜます。

しっかりまぜあわせます。

まんべんなく混ざったら 

団子状にまとめます。

ポイントはしっかりと空気を抜くこと。

すべて団子状にできたら

本日のハイライト!!!

スペシャルゲスト柳川タカシさんの声仕込みで、

樽の中に投げ入れていきます!

軽快なボサノバ調と柳川さんの素敵な声で

テンポよく樽が埋まっていきます!

最後は塩でしっかりと蓋をして出来上がりです!

 

集合写真は、大豆の形を意識してはいポーズ!

美味しいお味噌になぁあれ♪

 

つづいて翌日は

いろいろ甘酒作り!

 

お味噌や醤油が麹菌の働きで発酵させているのに対して、

甘酒はなんと麹菌の酵素の働きで作っています!

酵素がデンプンを分解して甘みを作っているのです。

ということで、

使えるいろんなデンプンの素材を紹介!

一口にお米といってもそれぞれ すこしづつ違った味わいになります。

白米→定番の甘み

もち米→より甘く

玄米→プチプチ感とあさっりした甘み

黒米入りうるち米→薬膳っぽい甘み

米だけでなく、さつまいもやかぼちゃといったデンプンの多い野菜でも作れます。

さつまいも甘酒が特に人気でした。

他にも甘酒にドライフルーツを漬け込んだ甘酒なども味見。

 

また、麹を共麹というやり方で簡単に増やす方法なども紹介しました。

みなさん 自宅で作ってみようという意気込みを持ったようでした!

 

味噌に甘酒に麹の働きの魅力に迫る2日間となりました。

ご参加いただいたみなさんありがとうございました。

 

ご自宅に持ち帰った味噌の出来具合、

また、ご自宅で作ってみた甘酒の出来具合など

ぜひまたシェアしてください。

 

Photo by まめ

Text by Saika

 

 




COMMENT