山梨県北杜市白州にある自然循環型のオーガニックファームのブログです。
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 映画「フード・インク」 | main | ぴたらな恵方巻き >>
アレクセイと泉
こんにちは さいかです。

 白州で有機農業を女性一人でがんばるキノちゃんに誘われて、
『アレクセイと泉』という映画をみました。
(地元の白州ライブラリーで借りてきたビデオ♪ビバ地元^^)

舞台となるは、1986年4月26日に起こったチェルノブイリ原発
(旧ソ連・現ウクライナ共和国)の爆発事故で被災した
ベラルーシ共和国東南部にある小さな村ブジシチェ。
放射能汚染がひどく、村のほとんどが他の村へ移り住んだ。
残ったのはお年寄りと一人の若者アレクセイ。

この村の学校跡からも、畑からも、森からも、採集されるキノコからも
高い濃度の放射能が検出されるが、
唯一放射能が検出されない不思議な泉がある
この泉を生活のより所とし、
自然や動物とただただ一緒に暮らすアレクセイの姿が、
たくましく美しく鮮烈に映写されています。

土に足をつけて生きることはどういうことなのか?
生きる原点を見直すきっかけをくれるような映画でした。

馬が好きで馬のいる生活をしていみたい私にとって、
ある意味憧れる様な生活でもありました

ちなみに、映画の音楽は坂本龍一さんの手がけた音楽です。
本橋成一監督の他の作品も気になりますね。
機会があったら見てみてください




さいちゃん、こんばんは。

この映画、たいとさんからお話聞きました。
気になりますね。
本橋成一さんは写真家とばかり思ってたら、映画監督でもあったんですね。
教授ファンとしても外せない映画です。
ひとまず動画を見て、不幸にも地図から消えてしまった村を想像しています。
http://www.youtube.com/watch?v=QuIkhdTXBOY
hrkmtst | 2011/02/03 22:06
COMMENT