山梨県北杜市白州にある自然循環型のオーガニックファームのブログです。
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 合流。 | main | GWは、オープンファームのぴたらファームに行こう! >>
イベント報告4/16-17「桜の季節のピザ窯づくり」
4月16日(土)〜17日(日)にかけて、ぴたらファームの第8回目の農イベント「桜の季節のピザ窯づくり」を行いました。
昨年行った「麦まき」イベントの第2弾ということで、最終的に全て手作りのピザづくりを目指した位置づけでしたが、14名の方に参加いただきました。
直前まで、気象庁の雨の予報に中止を検討していたのですが、蓋をあけてみれば、両日とも素晴らしい快晴。
ぴたらファームの農イベントは晴れるというジンクスが今回も通用しました。(よかった!)

 
まず、畑案内。こちらはビニルハウス内です。
中は少し暑いくらいでした。野菜の苗がすくすく育っています。


桜畑の桜が咲き始めました。一週間前はまだ枯れ木の趣でしたが春はあっという間にやってくるものですね。


お昼のポトラック形式の昼ごはん。今回もゲストの料理の美味しさにうなりました。


さて、ピザ窯づくりスタート!
予めファームで用意していた土台の上に窯をつくります。
瓦を並べてイメージを確認しています。


窯の形に土を重ねていきます。


こちらは今回からのニューフェイス。
コカブ君です。
4か月の洋犬と柴犬の雑種です。


このあたりがお気に入りの場所のようです。
人見知りが激しいです。


窯作りは、土をかためて、その周りに新聞紙を貼り付ける作業に入っています。


手前では、瓦と瓦の間を埋める耐熱性モルタルを練る作業を行っています。


おかしタイム。さとちゃん作の酒粕とチャイのクッキー。


一日目終了して皆さんが温泉に入っている頃、ファームの裏方では、翌日の道の駅への野菜の出荷の準備が進められていました。



コカブは土間の隅っこで丸くなって眠っています。
寂しがりやなので、ぬいぐるみがお供です。
(どれがぬいぐるみかわからないですが・・)



日曜日。この日も快晴です。遠くに愛すべき白き甲斐駒ケ岳が見えます。
一年前にこの山を見て、この地に惚れこんだわけでしたね。


手前では窯作り、奥ではランチのカレー作り。


窯づくりはモルタル塗りの工程です。左官屋さんみたいですね。


カレー作り進行中。こんな大窯で作っています。


お昼はカレーです。屋外でぐつぐつ煮込みました。


手前の茹で卵は参加者Kさんのポトラック。美味しかったですよ♪


窯づくりはフィナーレ。
土台の石の間に、ハーブのタイムと芝桜を植えました。
根が活着することで土台が安定します。タイムはピザのトッピングのひとつになるかも。


窯が完成して、新ぴたら邸脇の竹伐採に挑戦です。


竹林から見上げるとこんな感じ。
多分誰も知らないけど、べネックス監督の「IP5」にもこんなふうに梢を見上げるシーンがありましたね。


こぶしと思しき白き花が満開です。白州にも春がやってきました!!


なお、今回の参加費の一部は被災地への救援活動に募金させていただきました。


by タイジュ(運営担当)




COMMENT