山梨県北杜市白州にある自然循環型のオーガニックファームのブログです。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< GWは、オープンファームのぴたらファームに行こう! | main | GW オープンファーム(5/3-4) >>
GW オープンファーム(4/29-5/1)
 ぴたらファームのゴールデン・ウィークは、オープンファームで普段の農作業を一緒に体験いただく機会を設けました。
農作業を一緒にやってもよし、のんびりファームステイを楽しんでもよしということで、自由な雰囲気です。



4/29のGW初日。
ゲストはまだいらっしゃいません。

スタッフ5名で、キャベツやコールラビの定植作業を行いました。
畑の場所は小麦畑の上部の畑で、八ヶ岳が一望できる景色のよいところです。



畑に一つ一つ苗を植えていきます。
植えた後に雑草を抑えるのと追肥を馴染ませるために、キューホーを使って、苗のまわりの土を混ぜ返していきます。


キャベツの天敵は、モンシロチョウの青虫君。
寒冷紗をかけて、チョウがやってくるのを防ぎます。
モンシロチョウといえば、三好達治の詩に登場しそうな春の使者のようなイメージでしたが、まったく見かたが変わりました。



4/30(日)
この日はゲスト1名でしたが、近くに住むKさん(踊りの先生)と女性2名が新ぴたら亭の裏の竹林にタケノコ掘りにいらっしゃいました。

ぴたらファームにやってきた「コカブ」も人に慣れてきました。
スタッフの彩ちゃんに一番なついています。



ビニルハウスですくすく育つトマト苗(上)とセロリ苗(下)



白州は気温が低いのか、まだしだれ桜が咲いています。


コカブは運転席がお気に入りみたいです。


朝の農作業後は、食が進みます。



こちらはお昼ごはん。菜の花はぴたらファームで作ったもの。


水田に水を入れる前に、耕運機で耕しきれなかったところを昔ながらの農具でえっちらおっちら掘り返しています。
水呑み百姓の気分が味わえます(笑)
スタッフさとちゃんががんばってます。

土手にはセリがあったので、早速収穫?です。
夜ごはんに卵とじにしていただきました。



5月1日(月)
この日は、ゲスト2名、助っ人1名、その他のお客さん多数。
こちらは購入したての管理機。中古だけど、フル稼働していただきます。
芋や葱を植える際に、溝をつけたりするのに使うそうです。


新ぴたら亭。水仙が咲き、ソメイヨシノが屋根の上から顔をのぞかせています。


友人の結婚式を機に坊主頭にしたという巾君と、ゲストOさん。
(Oさんは、静岡の島田市でお茶畑再生に取り組んでいます。
 今年は5月21日にイベント形式で初めてのお茶摘みを行う予定です。
 関心のある方は、mixiで「お茶畑再生プロジェクト」で検索してくださいね。)


さて。これ何を作っているかわかります?

舟のように見えますが、残念、違います。


巾君は器用で仕事が素晴らしいです。

さて、これが何かわかりましたか?


答えは、鶏を飼うための移動式の囲い(チキントラクター)の模型です。
囲いの下はそのまま地面で、鶏は土を掘り返して虫を食べるわけです。
鶏がこの中で小さな虫をついばむわけですね。

ちなみに、遊びにいらしたMさんは一発で当てました。
君たちが作りそうなもののはわかるということです。
仕事で宇宙ロケット?を作るような方は何でもわかるんですね。




米の発芽を待っています。ここに水を張って、田植えできるレベルまで苗を育てるそうです。



新ぴたら亭では筍とりができますよ。
早速、筍ごはんも楽しみました。

さて、GWのオープンファーム、まだ続きますが、この記事の筆者(タイジュ)は仕事のため、東京に一時戻ります。
オープンファームの後半(5/7-9)は参加者に余裕があります。
ご希望の方はメール(pitarafarm@gmail.com)かお電話(090-2055-3424)でお問い合わせください。
詳細はブログの記事にありますのでそちらをご確認ください。


運営担当:タイジュ



COMMENT