山梨県北杜市白州にある自然循環型のオーガニックファームのブログです。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
【イベント報告】お田植えイベント

 

 

こんにちは。
3月からぴたらファームの一員になりました、まめです。

ぴたらファームでは告知物などの制作や広報を担当しています。

最近オープンしたぴたらのオンラインショップのデザインも担当しました。

といっても、ぴたらには長年足を運んでいるので初々しさは全くありませんが・・・

ブログの投稿は初めてなので、改めて、どうそよろしくお願いします!



今回は、6月3日(土)に行われたお田植えイベントの報告です!

例年たくさんの方が参加してくださるこのイベント。

今年も、大人21名、お子様13名ものご参加をいただきに、スタッフ10名を合わせて総勢44名でのお田植えとなりました!

さっそくこの1日を振り返りたいと思います。

 

 

ぴたら邸の玄関前で集合したところで、ファミリーごとに自己紹介タイムが始まりました。

 

当日の天気は晴天。日差しが少し強かったですね〜。

ご挨拶が終わったところで田んぼへ移動。

 

山々を眺め深呼吸をしながら歩くだけで気持ちが良いですね。

 


田んぼに到着し、ファーム長たいちゃんから苗の植え方の説明が始まります。

たいちゃんの表情も晴れ晴れしてますね。

前日まで田んぼの表面の高低差を無くすための作業に苦労し、心配でなかなか寝付けなかったそうですよ。

お疲れさまですファーム長!

 

ここでたいちゃんからの豆知識タイムです。

「武川米(むかわまい)」を皆さんご存知でしょうか?

武川町のお米は、かつて江戸時代、将軍様に献上したとも言われ

かの有名な、新潟県魚沼産コシヒカリと同等のブランド米として認知されているにもかかわらず、あまり市場に出回らないため、現在では「幻のお米」と呼ばれているのです。

その美味しさの秘訣のひとつには南アルプスミネラル豊富な美味しい天然水が挙げられます。

 

そんな武川米の産地のすぐそば、山梨県南アルプス甲斐駒ヶ岳の麓に位置するぴたらファームも、この名水の恩恵が受けられるお米作りに最適な土地なのです。

ありがたいですね〜。

 

 

ということで、レクチャーを受け皆さんでお田植えスタート!

 

 

いよいよ、入場!(入田?)皆さん、田んぼに入る瞬間はちょっと緊張していました。

 

あらかじめ田んぼには、目印となる線を引いています。

大きな線引きを引っ張っているのは共同主催者、かんべファームのマコさんこと神部さんです。

 

マス目のように引かれた線が入ると板チョコみたいですね。

縦横の線が交わった点に苗を3本ずつ植えていきます。

ぴたらのこだわりは、密に植えすぎないこと。

 

ここからはお写真でお田植えを頑張ってくれた、ちびっこヒーローたちを紹介していきます。


すばらしい腰つきです。

 

手際がいい〜!

大人の倍速でスタスタ進みながら無我夢中に田植えを楽しんでくれました。

 

あれ。

 

あやしいけれど、なんともにこやかなマスクマンが。

正体は、吉祥寺駅北口の駅前にある「ハーモニカ横丁」で毎月第3日曜日「ハーモニカ横丁朝市」に出店中の「あらいき屋」さんです。「暑い」&「子供が怖がる」とのことであっけなくコマーシャルタイムは終了です。

 

 

おや?

もしかしてこちらはかの国民的英雄の・・・・しかも小麦界のヒーローの・・・

「米も悪くないね!」と言わんばかりに、田んぼの感触を心から満喫されていました!

 

 

 

「ちょっと!大人たちも撮ってよ!」と遠くからアピールするスタッフまほちゃん。

ということで、

ベテランのような手つきで植えるサポーター馬場さん。

NO RICE NO LIFE Tシャツ、お似合いです!

 

 

タイやフランスからのお手伝いさんも活躍してくれました。異文化体験となったようです。

C'est bon (美味しい)なお米をつくりましょうね。

 

ぴたらファーム研修生のこじまん。みんなのために線引きに徹してくれました。お疲れさまです!

 

 

午前の作業に一区切りをつけ田んぼを眺めながら、お弁当タイム。

スタッフさいちゃん&こじまん特製のお弁当です。美味しい〜〜〜。

 

 


午後もせっせか田植えです!

少しずつ、着実に、進みます。

 

みなさん疲れを見せず元気いっぱいです。

 

一株一株に気持ちを込めて手植えをしました。

 

そして作業タイム終〜〜〜了〜〜〜!


 

退場(退田?)シーンもかっこよく収めました。

 

 

 

ぴたらのオリジナルジャムで彩ったおやつを楽しみお茶タイム。

 


 

 

最後にオフショットと集合写真です。

 

田んぼの畔で楽しそうな女子会。

 

「カエルがいたよ〜〜〜!」と嬉しい報告をしてくれた男の子。

 

最後は田んぼを目の前に!

 

 

 

こうしてお田植えイベントも終了しました。

 

 

 

 

初めてのお田植えを体験された方、いかがでしたか?

 

これから田んぼは水が入り、毎朝の水管理、

苗の成長と共に雑草も育ってしまう7月頃には、田車という古い道具を使った除草イベント、

10月にはお待ちかねの収穫イベントを予定しています。

 

ぴたらファームでは今回田植えをした「コシヒカリ」以外にも、

「ササシグレ」や「満月」(もち米)などを育てていきます。

 

「天日干し」という太陽の力でじっくり乾燥させる方法で、甘みの詰まったお米に仕上げていきますよ。

今年も「ぴたら米」をたくさん収穫して、皆さんと分かち合える日が楽しみです。

 

それでは、また田んぼでお会いしましょう!

 

最後に、ご参加いただいた皆さま、本当にありがとうございました。

 

 

 

text & photo by まめ




【イベント報告】GW企画第一弾!『竹チッパーに挑戦!竹パウダーの魅力に迫ろう』

報告が遅れてすみません、、

ゴールデンウイークの連続3弾企画のはじまりは、竹を満喫する内容のワークショップでした。

4/29.30『竹チッパーに挑戦!竹パウダーの魅力に迫ろう』

 

(・・・・・・イベント報告の順序がバラバラですがご容赦 .. > _ <)

 

長野の農家の友人からお借りした竹チッパーで竹を粉砕し、大量の竹パウダーをつくりましたよ。

 

まずは、集まったゲストを連れて春の農場散策から。

 

 みつばちくんは元気かな?

 

作業の前に腹ごしらえ!間引き菜の彩りサラダに、はだか麦と里芋のナゲット、じゃがいものちぢみ風!野菜がまだあまり採れない時期だけど山菜や貯蔵していた根菜で豪華な食卓!どれも美味しかった〜

 

午後から早速竹林へ入ります。家のすぐ裏手に気持ちのよい孟宗竹の林があります。

 

筍がにょきにょきと生えるには、暗くてはダメ。傘をさして歩けるくらいに間隔が空いていて、適度に陽が差し込むことが大切です。

そんな話をして、実際に竹を切り倒してみました。参加者の女性人たちみな、竹を切るのも初体験なのでドキドキ!

 

 

 

切り倒したばかりの新しい竹をカットして、今夜の宴会用の「竹ぐい飲み」をつくります。

酒は入っていなくてもテンション高い!(笑)

      


いよいよ轟音を立ててチッパー始動です。 

 

  

さわやかそうに見えるけど、竹を粉砕する音がかなり大きいので耳当てをしないと作業は困難です。

代わる代わる竹のチッパーマシンにチャレンジしました。

 

出来上がった竹パウダーはいい香りがして、見た目もお茶っ葉のよう。

丁寧にきれいなところを集めます。

 

午後のお茶タイム。「竹茶」に「竹ぬか床のぬか漬け」です。

竹茶はなかなか美味しい。生の竹粉と炒ったものと両方を味くらべ。適度に炒ると飲みやすいようです。

 

こうして1日目は、終了。

作業の後は温泉に行って汗を流し、夜は竹のぐい飲みで乾杯。

お酒もすすんだ夜でしたが、写真は取り忘れていましたね・ あやや・

 

ここから2日目。

引き続き竹チッパーも稼働したのですが、太い竹は縦に割らなくてはなりませんでした。

竹を割る作業は中々ハードです。みなさんナタとトンカチも使いこなしています!

 

お昼は竹筒ご飯。鋸とナタを使って仕込みの竹を準備します。

 

 

 縦バージョン(上からの図)

 

 

 横バージョン

 

どちらが美味く炊けるかな?

 

 

縦バージョンは手前に立てかけているのですが、火をうまく当てるのが難しい・・

 

今日もお昼ごはんが豪華!

竹筒ごはんにウドの天ぷら、干し大根と裸麦の煮物、そして里芋のポテトサラダ、間引き菜のサラダ。

 

 

最後に、用意していた【竹の発酵風呂】に入って疲れを癒していただきました。

発酵の力はすごい。中はホカホカで、みんなまったり。

足湯だけでなく、顔にぬったり(笑) すべすべになりましたね

 

おやつに竹パウダー入りおかき。

 

おかげさまで初の試み、竹チッパーイベントはとてもいいイベントになりました。

みなさん、ご参加ありがとうございました!

 

(報告:泰斗)

 

 

〜番外編〜

参加者みんな乗れなかった竹馬。

実はスタッフの豆ちゃんの隠れた特技でした!知られざる特技、意外なところで出てくるものですね

みんなが帰った後で、ずーっと歩き続けてましたよ〜




【イベント報告】GW企画第2弾!古民家シェアハウス「おぼろ庵」リノベーションイベント

GW三大企画の第2弾は古民家シェアハウス「おぼろ庵」リノベーションイベントでした。

今回は2日間で15名のゲストの皆さんに参加いただき、前回にも増して賑やかな雰囲気の中での作業となりました。

 

 

さっそくおぼろ庵に移動〜

前回のリノベーションイベントで改修した箇所を確認しつつ、まずはおぼろ庵の現状を把握。

筒抜けの窓や壁、歪んだ梁…

やっぱり笑いが起きました。笑

 

 

今回の作業内容は

・2階の窓作り(東側、正面)

・軒の柱設置

・2階の手すり設置

 

さーて、これはどうしたものかと首をかしげていたところにスペシャルゲスト「nomos」登場!!!

nomosは長野県富士見町を拠点に、古材を利用した空間作りをされているチームです。

ファーム長の熱い♡熱いラブコールに応え、忙しいなか駆けつけてくれました!!

nomosの皆さんとファーム長たいちゃんが中心となり、各箇所に分かれ作業開始!

 

 

こちらは東側の2階窓。

前回のイベントで崩した土壁の部分にガラスを設置していきます。

 

レクチャーを受けながら材をカット!

歪みなどを加味しながら窓枠作っていきます。

 

ガラスカッターにも挑戦!

何度も何度も練習し、いざ本番!

真剣。

プロでもすごく緊張する瞬間だとか。

 

そ〜っとはめ込んで

 

完成〜!

開放感を残しつつ、すりガラスのおかげでやわらかい光が入るようになりました!

 

 

こちらは馬部屋の2階へあがったところです。

ここに手すりを作っていきます。

 

土間まで光が入るようにしたいな〜とウロウロしていると、いい雰囲気の建具発見!

建具を大胆にカット!!

といってもノコギリに慣れていないためかなり慎重。笑

これを柱となる古材に合わせていきます。

 

ガラスもはめ込みこんな感じになりました*

 

 

 

外では軒の柱を建て、梁を渡していく作業です。

 

 

硬い柱を固定していくのはなかなか力が必要。

男性陣が大活躍!!

古材と家の個性を診ながら作業を進めていきます。

 

パパに続け〜!

 

傾いた柱と捻じれた梁に悪戦苦闘しながらもなんとか完成!!

今後、ここに屋根が付いて軒が延びる予定^^

 

 

こちらは2階正面の窓。

一番開放感がある所です。笑

これまたおぼろ庵らしい個性が強い梁でして…笑

たわんだ部分をジャッキで持ち上げ、中心に2本の柱を設置。

 

ガラスも自分たちでカットしていきます。

賑やかだった雰囲気も一転。みんな真剣な表情です。

 

新たに設置した柱の間にガラスをはめ込み、窓が一部完成!

ずーっと筒抜けだった2階に待望の窓。感動でした。

 

 

今回もたくさんの方々に参加・ご協力いただき、ありがとうございました。

改修も大きく前進!

リノベーションを通して皆さんがそれぞれの「住」について考えてみたり、普段の生活に少しでも「手作り」の要素が生まれてくれたら嬉しいなと思います^^

最後に、多忙なかお手伝い頂いたnomosの皆さん、本当にありがとうございました!

 

今後のおぼろ庵の変身もお楽しみに*

 

報告:まいじゃがいも

 

 

 

 

 

 

 

 




【イベント報告】GW企画第3弾『かまどで筍ごはんづくり&れんげ田んぼでピクニック♪』

ども!元ぴたらスタッフのしもごんです!!

みなさん、お元気ですか?ご無沙汰してます。

 

僕はいまも八ヶ岳に住んでいて、たま~にぴたらに遊びに来ています。

ぴたらのみんなとは、いまでも仲良くしてもらっていて、

本当にうれしい限りですkyu

 

さて、今回、なぜ僕が久しぶりにブログに登場したのかというと、

5/6(土)に行われた、GW企画第3弾

『かまどで筍ごはんづくり&れんげ田んぼでピクニック♪』

にサポーターとしてお手伝いして来たので、

その時の様子をお伝えしたいと思います!

 

 

当日の天気予報は曇りくもり

夕方には雨も降りそうな予報。

山の天気は変わりやすいので、心配していました汗

どうか雨に合いませんように…お願い

 

今回は、参加者とスタッフ、サポーターを合わせ33名エクステンションびっくり

まずは、みんなで輪になって自己紹介タイム。

この後、各チームに分かれて、お昼のごはんを作ります。

 

こちらは、ごはんチーム。

タケノコごはんづくりに挑んでいます。

湯がいておいたタケノコを切ったり、

しいたけや油あげ、近くで採れた山菜なども切ってごはんに入れます。

 

WWOOFで来ているアレックスはマイ包丁で鹿肉を捌いています。

なんと、彼はFOUR SEASONS HOTELのシェフなんだとか!びっくり

そんなアレックスをタケノコごはんチームの料理長に任命。

 

ふきチームは、ぴたらの庭にたくさん生えているふきを収穫。

こんな大きなふきをGET!

 

まな板の上で塩を振って板摺りをしてからお鍋で茹でます。

 

こちらはお味噌汁チーム。

たいちゃんにレクチャーを受けて、マッチで点火。

うまく火を着けられるかな?ドキドキ。。。

 

おおーっと!ごはんチームもいよいよ炊く準備ができた様です!!

水加減は大丈夫ですか?こちらは男性陣が大活躍です!

 

「あおいでいいの?」とお手伝い。

いいですよー。じゃんじゃんあおいで!

 

 

…と、ここで「タケノコ掘りたい人集まれ~!」と集合がかかりました。

タケノコの掘り方を教えるたいちゃん。

 

「タケノコがこう生えているとしたら、こっち側から、こう…」

 

センセイ、わかりませーん!(笑)

 

「この場合はですね、ここをこういう風に…」

 

 

もう、わかんなーい!

手で掘っちゃおう!ひらめき

ここ掘れワンワン!!犬

 

 

おとーさん、あたちもてつだう。ペチペチ

 

 

 

とれたよ。えっへん!

 

採れたタケノコはおみやげに持って帰ってもらいました。

 

 

 

おーっと!そうこうしている間に、ごはんづくりも完成間近。

ニンジンとノカンゾウ入りのお味噌汁。

味噌も野菜ももちろん、ぴたら自家製。

 

 

ふきチームもスジを丁寧に剥いていきます。

茎がしっかりしていて、食べ応えありそう☆

小さく刻んで油揚げと一緒に煮込みます。

 

ふき料理も完成!

 

 

 

 

ごはんができあがった後は、みんなでれんげ田んぼに移動!車

 

まずは、できあがったタケノコごはんを見てみましょう!

 

 

オープン☆

ジャジャ〜ン!!くす玉

こちらは、山菜入りタケノコごはん。

 

 

こちらが鹿肉入り。ベジタリアンの方もいるので2種類つくりました!

お米はもちろん、去年のれんげ田んぼで獲れたお米です!!

 

んー!待ちきれない!

 

 

いや~おいしそう!!ヤッタv

 

 

ござを敷いてみんなで「いただきま~す!」

 

 

例年よりも少ないと聞いていたれんげも

奥の方にまとまって咲いてました。

僕はれんげ田んぼを見るのは初めてですが、癒されました。

このれんげが、お米の緑肥になってくれるのです。

 

循環の象徴でもあるテントウ虫やミツバチもたくさんいて、

「こんな小さなカラダで、たくさん働いてくれているおかげで

僕たちは美味しいごはんが食べられるんだなぁ」と思いました。

 

 

食後は、想い想いの時間を過ごしました。

 

 

かりんちゃんもこの日はみんなに大サービス。

嫌がらずにたくさんなでなでしてもらってましたヾ(・ω・*)

 

 

とーちゃんは疲れた!寝る!!眠い

 

 

みんな揃って記念撮影。カメラ

 

 

ぴたらに戻って農場案内へ。

 

 

 

育苗ハウスやいま栽培中の畑を見て回り、

堆肥のこと、ぼかし肥のこと、

ぴたらの暮らしのこと、色々お話しました。

 


そして、次回以降のイベント案内。

 

田植えイベントや大豆プロジェクト、自然観察会など、

今後も盛り沢山です!ぜひ、チェックしてください!!

 

イベントを終えて、雨もなんとか持ちこたえてくれて、

とーっても楽しいひとときになりました。

特に印象的だったのは、こどもたちがとても良くお手伝いしてくれたこと。

これには、しもごん感心してしまいました。

やっぱりこうやって、大人も子供もみんなでシェアすることって楽しいですね。

 

 

 

実は今回の企画、毎年好評いただいている企画なのですが、

僕とぴたらのみんなが協力をして、

食農体験ネット「Taabel(た〜べる)」というサイトで行われた

第一回食農体験グランプリに応募したところ、

Facebookでの「いいね!」の得票数が最も多く

  見事優勝することができました!!クラッカー

さらに投票いただいた方の中から、当企画に1組を無料でご招待、

2組には野菜BOXをプレゼントさせていただきました!

 

今後もたくさんの人にぴたらファームに足を運んでもらえたらと思います。

 

全国の農体験情報が掲載されているこのサイトもご参考にどうぞ。

『食農体験ネットTaabel(た〜べる)』

 

 

 

それでは、みなさん、

またお会いしましょう!!

最後にもらった れんげとたんぽぽのハーブ水。
おいしかったなぁ。
text byしもごん

 




【GWの3大イベント】5/6(土)かまどで筍ごはんづくり&れんげ田んぼでピクニック♪

 【ぴたらファームのゴールデンウィーク3大イベント企画】

 

3つめのイベント紹介です。

 

毎年ゴールデンウィークの恒例行事となっているピンクのお花が咲き乱れる田んぼピクニックはな毎年たくさんの方にお越しいただいています。

 

 築100年以上経っているぴたらの古民家には、干乾し煉瓦で手作りした

かまどがあります。庭の竹林から掘り出した筍たけのことこのかまどを使って

旬を楽しむ炊き込みご飯をつくりましょう。

フキも中庭で獲れるのでおかずをフキ料理をひと品と味噌汁を用意したら、

いざ田んぼへ出掛けます。かわいらしいれんげの花が咲き乱れる田んぼには、

無数のチョウちょうちょが飛び交いまるでパラダイスのよう。

れんげ畑の真ん中でみんなで輪になりご飯を食べます。

おいしいご飯でおなかが満たされたら、

甲斐駒ヶ岳や八ヶ岳を望みながら田んぼにゴロンと寝転がってお昼寝タイム。

子供たちは、おいかけっこや虫取りに夢中になって時間を忘れて遊んでる^^

お友達とでもご家族とでも、きっと至福のひとときを過ごせることでしょう。はな

みなさんのご参加をお待ちしています。

 

 

日本一の食と農にまつわる体験を決定する

   第一回食農体験グランプリにて見事優勝!

実はこちらのイベント、元スタッフしもごんの計らいで全国のさまざまな食と農に

まつわる体験を紹介する食農体験ポータルサイトTaabel(た〜べる)さんの

食農体験グランプリに応募し、見事優勝を果たしたイベントです。

近年の食農体験に関する関心の高まりをひしひしと感じております!

Facebookで協力をしてくれた方の中から10名様を本イベントへ無料招待!という嬉しい特典つき。

*当選した方はTaabelさんから直接ご連絡済みです。

 Facebookページ:https://www.facebook.com/taabelnet?sk=app_401835123239448

 

*豆知識*

こちらの田んぼは、れんげ農法でお米づくりを行っています。

ちょうどひと月後に田植えを控えているのですが、

苗を植える前に田んぼを一面れんげ畑にすることで、

自然の窒素を土壌に発生させて有機肥料として利用することを目的としています。

実はこのピクニックイベント直後にれんげはお花もろともトラクターで漉き込んで

しまうのですが、それらが発酵することにより土を活性させ、稲をより元気に育てる

ことができるのです!マメ科のれんげには空気中の窒素を根に取りこんで貯め、

根の周りについている根粒菌が直接栄養に変えてくれるので、

稲が必要とする窒素成分を含んだ元肥となり、土壌に力がつき強い稲を作ってくれる

というわけなのです。えっへん!

 

 

 

「かまどで筍ごはんづくり&れんげ田んぼでピクニック♪」


開催日:2017年5月6日(土)10:30〜15:00頃
参加費:おとな 2,500円(高校生以上)参加費・食事込み
    こども 1,500円(小中学生)
持ち物:動きやすい服装、タオル、帽子、日焼け対策、お手拭き

雨天時:雨天中止(中止の場合は前日までにご連絡します)

 

アクセス:

 

  ・お車でお越しの場合

     http://pitarafarm.com/access.htmlをご参照ください。

  ・電車(片道特急自由席5,000円程度、鈍行3,000円程度)

      往路例) 新宿 8:00 ⇒ 小淵沢 9:53(スーパーあずさ)

      復路例)小淵沢16:05 ⇒ 新 宿 18:06(あずさ24号)

  ・高速バス(片道2,500円程度)

      往路例) 新宿 7:20 ⇒ 小淵沢 9:48

      復路例)小淵沢 15:50⇒ 新宿 18:05

          *ご予約はハイウェイバス ⇒http://bit.ly/dwYtjI

          *京王電話予約センター 03-5376-2222

 

* 最寄り駅までの送迎が必要な場合は、別途送迎費がかかります。

 * お布団の準備や片付け、食事作りもスタッフと一緒に行います。

* 温泉希望の方は、別途410円かかります。温泉道具もお忘れなく。

* 食事のアレルギーがある方は、事前にお知らせください

 

 

お申込み方法

    下記フォームより申し込みをお願いします。

    → http://my.formman.com/form/pc/vRfROorER7MGzmbR/

 

お問い合わせ先

    ぴたらファーム 

    メール:pitarafarm@gmail.com

    電 話:0551-35-2793 (FAXも同じ)

    携 帯:090-2055-3424

 

 




【GWの3大イベント◆5/3(水).4(木)ぴたらシェアハウス「おぼろ庵」リノベーションプロジェクト第2弾

 【ぴたらファームのゴールデンウィーク3大イベント企画】

 

 

2つめのイベント紹介です。

 

築80年ほどの古民家、通称「おぼろ庵」。

シェアハウスとしてこの春から3人が住み始めました。しかしながら現在は土壁が剥がれ、まるでバラックのような外観です。みんなのわくわくとアイディアを持ち寄って、そんなおぼろ庵を魅力的に改築してみませんか?

 

3/25に行われたプロジェクト第一弾では、崩れた壁を取り壊し、そこに窓枠の取り付け、剥がれかけたトタン屋根を取り外して新しい柱をたてました。また2階の床を張り替えました。

こちらのブログをご覧ください。→ブログ

初めての参加者さんも私たちぴたらメンバーもどきどきわくわくの初回となりました。

◎圧巻の土壁取り壊しシーンの動画あり!前回のイベントページ Facebook を参照ください。 

 

リノベーションプロジェクト第二弾の内容は、

 ・ 前回イベントで取り壊した土壁があった場所へ窓や壁板の取り付け

 ・ 軒の屋根はり

  ・ おぼろ庵の看板づくり

     などを予定しています。

 

作業が終わった後は、近くの温泉「尾白の湯」へ。

夜の時間は、リノベーションの夢を語り合いましょう♪

大工作業に不慣れな方も、日帰りでの参加も大歓迎です!

お気軽にご参加下さい。

 

プロジェクトリーダーの紹介:たさいたいと

ぴたらファームのファーム長。木工修行は長野で3年ほど。農場生活を始めてから畑作業の合間にパーマカルチャーを取り入れた数々の建築に取り組む。以前勤めていたやさと農場では、12mの高さの木に3段のツリーハウスを作るイベントで中心メンバーとして活躍。大容量の立派なパン釜も手がけた。ぴたらファームを立ち上げてからは、コンポストトイレやアースオーブン、ニワトリ小屋などを完成させた。

みんなから畑作業をしているよりも、大工をしている時が一番生き生きしていると言われている・・。将来の夢は、ファームの用務員のおじさんになること。

 

 

​【開催概要】

ぴたらシェアハウス「おぼろ庵」

  リノベーションプロジェクト第二弾

 

1.日程:2017年5月3日(土)10時半〜4日(日)15時

2.場所:ぴたらファーム「おぼろ庵」

     集合は「ぴたら邸」です。山梨県北杜市白州町横手1118

3.参加費:2日間参加   7,300円 (2日間滞在費、食事代4回込み、お土産付き)

                日帰り参加 2,800円 (WS参加費、お茶代・お昼代込み、お土産付き)

        * 最寄駅までの送迎が必要な場合は、別途片道500円かかります。

        * 小・中学生は参加費半額、小学生未満無料 食事代は大人と同額

4.スケジュール

   3日(水) 1日目

     10:00 JR小淵沢駅集合(電車、高速バスでお越しの方)

     10:30 ぴたらファーム集合、自己紹介

     11:00 ぴたら邸内の建築物の紹介など

     11:30 お昼ごはん @おぼろ庵

     12:30 作業開始 (途中休憩あり)

     17:00 終了 

     17:30 温泉

     19:00 夕ごはん

 

        4日(木)2日目

      7:30 朝ごはん

     8:30  作業開始 (途中休憩あり)

     12:00  お昼ごはん

     13:00  作業開始

     15:00  終了

             *帰りの送迎は15:50の高速バスや16:05の電車に間に合うようにします。

     *スケジュールは、変更する場合があります。

 

5.持ちもの

  ・ 作業着、作業靴(汚れてもいい運動靴など)、作業用手袋(軍手など)、タオル

  ・ インパクトドライバー(お持ちの方は是非ご持参ください!)

  ・ 防寒着(まだまだ朝晩は冷えこみますので充分な防寒対策を! ) 

  ・ 滞在の方は、サンダル(土間の小上がりの脱ぎ履きに便利です)、着替え、洗面用具

   お風呂道具など。

6.雨天時 雨天中止(中止の場合は前日までにご連絡します)

 

7.アクセス

  ・お車でお越しの場合

   http://pitarafarm.com/access.htmlをご参照ください。

  ・電車(片道特急自由席5,000円程度、鈍行3,000円程度)

    行き・・・・新宿 8:00  ⇒ 小淵沢 9:53(スーパーあずさ)

      帰り・・・小淵沢16:05 ⇒ 新 宿 18:06(あずさ24号)

  ・高速バス(片道2,500円程度)

      往路例) 新宿 7:20 ⇒ 小淵沢 9:48

      復路例)小淵沢 15:50⇒ 新宿 18:05

          *ご予約はハイウェイバス ⇒http://bit.ly/dwYtjI

          *京王電話予約センター 03-5376-2222

8.その他

  * 最寄り駅までの送迎が必要な場合は、別途送迎費がかかります。

  * お布団の準備や片付け、食事作りもスタッフと一緒に行います。

  * 温泉希望の方は、別途410円かかります。温泉道具もお忘れなく。

  * 食事のアレルギーがある方は、事前にお知らせください

9.お申込み方法

    こちらのフォームより申し込みをお願いします。

 

10.お問い合わせ先

    ぴたらファーム 

    メール:pitarafarm@gmail.com

    電 話:0551-35-2793 (FAXも同じ)

    携 帯:090-2055-3424

 




【GWの3大イベント 4/29(土).30(日)竹パウダーワークショップ

ゴールデンウィーク1発目のイベントをご紹介します。

お申し込みは、こちらのフォームから待ちしています。

 

 

ぴたらファームの裏庭にはきれいな孟宗竹の竹林竹があります。

ゴールデンウイークは、竹林にちょうどタケノコたけのこがにょきにょきと生えている頃合いとなります。

タケノコの凄まじい勢いを感じるこのタイミングに、前々から気になっていた竹チッパー(竹を粉砕してしまう機械)を知り合いの農家さんから貸して頂くことになりました。

今回のイベントでは、竹をパウダーにして、さらにその竹パウダーを使って竹ぬかの漬け物や、竹パウダーの発酵風呂などに挑戦してみようと思います。

竹の粉には乳酸菌がたっぷり含まれていて驚くくらいに肌がすべすべになるのです。

2日目のお昼には、炭焼きの竹筒ごはんと新鮮な筍を味わいます。

泊まりの方は、夜にしっぽりと竹の器でお酒を酌み交わしましょう。

竹の魅力をたっぷり味わえる2日間となっています。

 

​【開催概要】

竹チッパーに挑戦!竹パウダーの魅力に迫ろう

1.日程:2017年4月29日(土)10時半〜30日(日)15時頃

2.場所:ぴたらファーム (山梨県北杜市白州町横手1118)

 3.参加費:2日間参加   7,300円 (2日間滞在費、食事代4回込み、お土産付き)

          日帰り参加 2,800円 (WS参加費、昼食&お茶代込み、お土産付き)

        * 最寄駅までの送迎が必要な場合は、別途片道500円かかります。

         小・中学生は参加費半額、小学生未満無料 食事代は大人と同額

4.スケジュール

  4月29日(土) 1日目

     10:00 JR小淵沢駅集合(※電車、高速バスでお越しの方)

     10:30 ぴたらファーム集合、自己紹介

         11:00 ぴたら邸案内など

     12:00 お昼ごはん 

     13:00 作業開始 (途中にお茶休憩があります)

        竹パウダーづくり

     17:00 終了

     17:30 温泉

     19:00 夕ごはん 竹のぐい飲みで乾杯!

  

        30日(日)2日目

       8:00 朝ごはん

        9:00  作業開始 

        竹パウダーづくり&竹を使った工作

        竹筒でご飯づくり

        

     12:00  お昼ごはん

     13:00  作業開始

        竹パウダーで漬け物のぬか床づくり

        竹の発酵風呂(足湯)

     15:00  終了

      *帰りの送迎は15:50の高速バスや16:05の電車に間に合うようにします。

   *スケジュールは、変更する場合があります。

5.持ちもの

    ・ 作業着、作業靴(汚れてもいい運動靴など)、作業用手袋(軍手など)、タオル

    ・ 防寒着(朝晩はまだまだ冷え込みますので充分な防寒対策を! ) 

  ・ 滞在の方は、サンダル(土間の小上がりの脱ぎ履きに便利です)、着替え、洗面用具

   お風呂道具など。

6.雨天時 雨天中止(中止の場合は前日までにご連絡します)

7.アクセス

  ・お車でお越しの場合

   http://pitarafarm.com/access.htmlをご参照ください。

  ・電車(片道特急自由席5,000円程度、鈍行3,000円程度)

     行き・・・・新宿 8:00  ⇒ 小淵沢 9:53(スーパーあずさ)

     帰り・・・・小淵沢16:05 ⇒ 新 宿 18:06(あずさ24号)

  ・高速バス(片道2,500円程度)

      行き例) 新宿 7:20 ⇒ 小淵沢 9:48

      帰り例)小淵沢 15:50 ⇒ 新宿 18:05

          *ご予約はハイウェイバス ⇒http://bit.ly/dwYtjI

          *京王電話予約センター 03-5376-2222

8.その他

   * 最寄り駅までの送迎が必要な場合は、別途送迎費がかかります。

    * お布団の準備や片付け、食事作りもスタッフと一緒に行います。

   * 温泉希望の方は、別途410円かかります。温泉道具もお忘れなく。

      * 食事のアレルギーがある方は、事前にお知らせください

9.お申込み方法

    こちらのフォームよりお申し込みをお願いします。

10.お問い合わせ先

    ぴたらファーム 

    メール:pitarafarm@gmail.com

    電 話:0551-35-2793 (FAXも同じ)

    携 帯:090-2055-3424

 




【報告】古民家シェアハウス「おぼろ庵」リノベーションイベント

澄んだ空と迫力満点の甲斐駒ケ岳を背景に、ぴたら古民家シェアハウス「おぼろ庵」のリノベーションイベントが開催されました。

 

白梅の咲くぴたらの庭で自己紹介後、いざおぼろ庵に移動!

 

 

まず目に飛び込んでくるのは崩れた土壁、剥がれたトタン屋根…

さらに中に入り馬部屋の2階へ上ると床板がない状態…

参加者の皆さんからは「ははっ…」「あぁ〜」と素直なリアクションが。笑

 

おぼろ庵の現状を把握したところでいざ作業開始!

 

の前に腹ごしらえ〜♪

 

伐採した木の丸太や縁側に腰かけ、気分はすっかり開墾者!

「窓はどうしようか」「柱の材は?」「軒は伸ばす?」などと相談しながらランチタイムを楽しみ、今度こそ作業開始!!

 

 

まずは2階の壁から。

 

バールで内壁を剥がし

露になった土壁をドーン!

 

バラバラと崩れ落ちてくる土壁!

参加者のKさん、思わず「たのしい〜!!」

 

土壁を全て取り除きスッキリ!

次はここへ窓枠を取り付けます。

 

 

 

息の合った馬場さん、神守さんペア。

材選び、施工ともさずが!の出来栄え。

 

棟梁たいちゃん!

 

 

2階の床張はこちらの二人が担当してくれました。

 

丁寧な仕事ぶりに脱帽。

丸ノコ使いもメキメキ上達!

 

 

 

一方、外では軒を伸ばすべくトタン屋根の取り外し。

 

壊したがりな2人がバール片手に奮闘!

 

 

屋根にのぼり作業していると大きなスズメバチの巣を発見!!

蜂さんはもう引っ越ししていた模様だったので、こちらもついでに撤去〜

 

こんなポーズしてますが、ちゃんと安全第一で取り組みました。

 

 

トタンを取り外した軒に新しい柱を立てていきます。

水平を細かく確認しながら土台、柱を設置。

古民家だからこその歪みや老朽化がありましたがそれも個性ということで◎

微調整しながらなんとか柱を設置したところで今回の作業は終了。

 

 

この「おぼろ庵」がどんな変身を遂げるのか!?

わくわくと心地よい疲れを残し解散となりました。

 

 

今回初めてのリノベーションイベントということで、「どんなイベントになるかな?」という思いもありましたが、いつものごとく、参加者の皆さんに盛り上げてもらい楽しい時間となりました。

また、CATVの方の取材もあり、なかなか鮮烈なおぼろデビューでした。

いつもは「食」に関するイベントの多いぴたらですが、「住」の循環に繋がる取り組みもこれからどんどん進めていきたいと考えています。

普段の生活ではなかなかふれることのない古民家、そして改築。

ドライバーなんて使ったことのない方も、がっつり作業してみたい方も大歓迎!

次回もたくさんの参加お待ちしています^^

 

【おぼろ庵リノベーションイベント第2弾】

日時:5月3日(水)、4日(木) ゴールデンウィーク!

ホームページFacebookにて詳細を随時アップしていきます!

 

 

 

シェアハウスメンバー まいじゃがいも

 

 

 

 

 

 




3/25(土)-26(日) ぴたらシェアハウス「おぼろ庵」リノベーションプロジェクト第一弾!

築80年ほどの古民家、通称「おぼろ庵」。

シェアハウスとしてこの春から3人が住み始めました。

 

しかしながら現在は土壁が剥がれ、まるでバラックのような外観です。

みんなのわくわくとアイディアを持ち寄って、そんなおぼろ庵を魅力的に改築してみませんか?

プロの建築家ではないですが、手づくりの暮らしの楽しさを分かち合える時間になると思います。

 

リノベーションプロジェクト第一弾は、

 ・ 崩れた土壁の取り壊しと、窓や壁板の取り付け

 ・ 剥がれそうなトタン屋根の取り壊しと、古材を活用した屋根づくり

 ・ おぼろ庵の看板づくり!

 

作業が終わった後は、近くの温泉「尾白の湯」へ。

夜の時間は、リノベーションの夢を語り合いましょう♪

日帰りでの参加も大歓迎です!

お気軽にご参加下さい。

  

【開催概要】

1、日程:2016年3月25日(土)10時半〜26(日)15時

 

2、場所:ぴたらファーム「おぼろ庵」

     集合は「ぴたら邸」です。山梨県北杜市白州町横手1118

 

    3、参加費:2日間参加   6,800円 (2日間滞在費、食事代3回込み、お土産付き)

                日帰り参加 2,800円 (WS参加費、お茶代・お昼代500円/食込み、お土産付き)

        ※ 最寄駅までの送迎が必要な場合は、別途片道500円かかります。

        ※ 小・中学生は参加費半額、小学生未満無料 食事代は大人と同額

 

4、スケジュール

   25日(土) 1日目

     10:00 JR小淵沢駅集合(※電車、高速バスでお越しの方)

     10:30 ぴたらファーム集合、自己紹介

            11:00 ぴたら邸案内など

     12:00 お昼ごはん 

     13:00 作業開始 (途中にお茶休憩があります)

     17:00 終了 

     17:30 温泉

     19:00 夕ごはん

  

       26日(日)2日目

      7:30 朝ごはん

        8:30  作業開始 

     12:00  お昼ごはん

     13:00  作業開始

     15:00  終了 

               ※帰りの送迎は15:50の高速バスや16:05の電車に間に合うようにします。

5、持ちもの

    ・ お弁当(初日参加の方) 

    ・ 作業着、作業靴(汚れてもいい運動靴など)、作業用手袋(軍手など)

  ・ インパクトドライバー(お持ちの方は是非ご持参ください!)

    ・ 防寒着(朝晩は氷点下になることもあります。充分な防寒対策を! ) 

  ・ 滞在の方は、サンダル(土間の小上がりの脱ぎ履きに便利です)、着替え、洗面用具、お風呂道具など。

 

6、雨天時 雨天中止(中止の場合は前日までにご連絡します)

 

7、アクセス

  ・電車(片道特急自由席5,000円程度、鈍行3,000円程度)

      往路例) 新宿 8:00 ⇒ 小淵沢 9:53(スーパーあずさ)

      復路例)小淵沢16:05 ⇒ 新 宿 18:06(あずさ24号)

  ・高速バス(片道2,500円程度)

      往路例) 新宿 7:20 ⇒ 小淵沢 9:48

      復路例)小淵沢 15:50⇒ 新宿 18:05

          *ご予約はハイウェイバス ⇒http://bit.ly/dwYtjI

          *京王電話予約センター 03-5376-2222

8、その他

 <滞在について>

   ※ お布団の準備や片付け、食事作りもスタッフと一緒に行います。

   ※ 温泉希望の方は、別途410円かかります。温泉道具もお忘れなく。

 

9、お申込み方法

    下記フォームより申し込みをお願いします。

   → http://my.formman.com/t/NoMe/

 

10、お問い合わせ先

    ぴたらファーム

     0551-35-2793 (tel/fax) 090-2055-3424(田才)

    pitarafarm@gmail.com  https://www.facebook.com/pitarafarm/




手前味噌&いろいろ甘酒作り イベント報告

ぴたらファームの野菜セットは冬季休業中ではありますが、

春の出荷に向けてそら豆、レタス類、アブラナ類などの種まきが始まりましたよ。

 

2月25ー26日 ぴたらファームにて恒例の味噌作りと

いろいろ甘酒作りをやりました。

 

2日とも穏やかな天候に恵まれました。

梅がちょうど咲き始めた庭で自己紹介からスタート♪

そして敷地内や畑の案内ツアーへ

育苗のはじまったハウスや

準備途中の畑

雪の残る甲斐駒ケ岳を眺めながらぐるりっと1周ツアーをしました。

味噌作りも力仕事なので

まずは腹ごしらえ〜 みなさんが持ち寄ったおかずがずらり

 

毎年250キロほど仕込む特性ぴたら味噌。

ずっと生き続けるホンモノの発酵味噌は年を重ねるごとに

より深みのある色と味になっていきます。

材料はとてもシンプルです。

ぴたらで育てた大豆(品種:オオツル、シュウリュウ)

そしてぴたらのコシヒカリに麹屋さんで麹をつけてもらった

米麹 そして 自然塩 

シンプルだからこそ、良い素材を。

ぜひ お塩も自然のよいものを選んでください。

 

米麹と塩をあわせておきます。

両手で丁寧に摺り合せるように。。。

塩が手にしみるのでゴム手袋の着用をオススメします。

麹も生き物 みんなで楽しく ワイワイと

笑顔で触れればきっと麹もいきいきするはず!

主役の大豆さんは、一晩水に浸しておいて

大釜で蒔を使ってじっくり茹でます。

たっぷりのお湯で3時間から4時間ほど

指で潰せば簡単に潰れるくらい柔らかくなるまで煮込みます。

ほんのりいい大豆の香りがしてきたら そろそろでしょうか?

柔らかくなっているか 味見してみましょう!

ドノバンくんどうですか?

ん〜いい感じ!

タイのパムちゃんもどうですか?

ん〜 美味しい。

 

大豆を潰す方法はいろいろ

ミンサーを使って

くるくる うにょうにょ〜♪ まるでモンブラン?!

 

杵と臼を使うと大きめの粒も残る滋味深い味噌になります!

ビニール袋にいれて足や手で潰したりも

 

柔らかくなった大豆は人肌まで冷まして、

塩きりした米麹と混ぜます。

しっかりまぜあわせます。

まんべんなく混ざったら 

団子状にまとめます。

ポイントはしっかりと空気を抜くこと。

すべて団子状にできたら

本日のハイライト!!!

スペシャルゲスト柳川タカシさんの声仕込みで、

樽の中に投げ入れていきます!

軽快なボサノバ調と柳川さんの素敵な声で

テンポよく樽が埋まっていきます!

最後は塩でしっかりと蓋をして出来上がりです!

 

集合写真は、大豆の形を意識してはいポーズ!

美味しいお味噌になぁあれ♪

 

つづいて翌日は

いろいろ甘酒作り!

 

お味噌や醤油が麹菌の働きで発酵させているのに対して、

甘酒はなんと麹菌の酵素の働きで作っています!

酵素がデンプンを分解して甘みを作っているのです。

ということで、

使えるいろんなデンプンの素材を紹介!

一口にお米といってもそれぞれ すこしづつ違った味わいになります。

白米→定番の甘み

もち米→より甘く

玄米→プチプチ感とあさっりした甘み

黒米入りうるち米→薬膳っぽい甘み

米だけでなく、さつまいもやかぼちゃといったデンプンの多い野菜でも作れます。

さつまいも甘酒が特に人気でした。

他にも甘酒にドライフルーツを漬け込んだ甘酒なども味見。

 

また、麹を共麹というやり方で簡単に増やす方法なども紹介しました。

みなさん 自宅で作ってみようという意気込みを持ったようでした!

 

味噌に甘酒に麹の働きの魅力に迫る2日間となりました。

ご参加いただいたみなさんありがとうございました。

 

ご自宅に持ち帰った味噌の出来具合、

また、ご自宅で作ってみた甘酒の出来具合など

ぜひまたシェアしてください。

 

Photo by まめ

Text by Saika